模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アオシマ 1/24 S15 & S13 シルビア#4

2019/01/25 16:15

M_image

  ブラボーとは

ボディーの乾燥待ちの間にシャシーと内装の製作をしていきます。
共通のシャシーは黒サフをガバッと吹いておき、排気系はシルバーの筆塗りです。

S15のサイレンサーはオプションのスポーツマフラーとしますが、おもちゃっぽいメッキは剥がし、合わせ目消し後、プレミアムクロームを吹きました。
S15にはフジミ製ボルクTE-47を履かせます。色はマットチタン、キャリパーは少し黄色を混ぜたチタンゴールドにしています。
 

M_image

  ブラボーとは

S13はキットのワタナベをそのまま履かせます。色はメタリックグレイとし、キャリパーも同じにしました。
S13はエンジン付きでエンジンルームはボディー色なので、パールグリーンを吹きました。
 

M_image

  ブラボーとは

内装は何も考えず、説明書の通りにやりました。グレーは複数の指示がありますが、濃いか薄いかだけの違いのような気がします。
S13のシートはシートバックが空洞だったので、プラ板で蓋をして合わせ目消しをやりました。ベースカラーは黒とグレーの中間的な色味になりました。
フロントシートは真面目に指定色のグレーを吹きましたが、サフの色味とあまり変わらないのでリヤシートはサフのままにしたら、ちょっと違いますな。合体したらわかりにくくなるので、まいっか。(^_^;
 

M_image

  ブラボーとは

S15のシートはシートバックのパーツはあるものの、溝ができるわ、表に押し出しピンの痕がくっきりあるわでしたが、見えなくなるのでそのままにしました。
インパネのSilviaとステアリングのマークはTABデザインのメタルシートを貼っています。
 

M_image

  ブラボーとは

写真では変わり映えしませんが、ボディーをクリアーコートしました。
今回は2種類のクリアーを使ってみました。

S15はフィニッシャーズのオートクリアーをピュアシンナーで希釈して吹いています。
たっぷりと3回吹いていますが、半艶状態で薄くヒケており、ほとんどゆず肌が残っていません。大丈夫かいなと思いますが、これならペーパーがけが省略できそうです。
 

M_image

  ブラボーとは

S13はガイアのEXクリアーをクレオスのレべリングシンナーで希釈して吹きました。
これもたっぷり目に吹きましたが、フィニッシャーズほどのヒケはなく、そこそこの艶があって、早くペーパーで磨きたいようなゆず肌が残っています。これはいつものことです。

フィニッシャーズとガイア。どちらがいいのかはわかりませんが、仕上がりの差はシンナーの成分の違いによるものなのでしょう。磨き前に、ドライブースで1週間ほど放置します。
 


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。