模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

フレームアームズ・ガール グライフェン

2019/08/06 21:33

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

フレームアームズ・ガール グライフェン

  ブラボーとは

NONスケール コトブキヤ フレームアームズ・ガール グライフェン

こんばんは、カレッジナードです。
今回は数あるフレームアームズ・ガールシリーズの中でも背部ユニットのボリュームが最大クラスの笑顔が可愛い優秀キットであるグライフェンを投稿していきたいと思います。
デザイナーはシリーズ初参戦の「木下ともたけ」氏で、数々のマスターグレードのパッケージデザインやフレームアームズ フレズヴェルクのメカデザインを担当したイラストレーターであり、それをコトブキヤが立体化したのが本キットです。
そんなグライフェンの特徴として、巨大なサブアームと全身を包む装甲からなる重機のような背部ユニットがありますが、これには大量のギミックが仕込まれており、サブアームには更にサブアームが埋め込まれていたり、変形し二脚バイクタイプのようなマシンになったりと様々な形状変化を楽しむことが出来ます。
しかしそんな巨大なサブアームを持て余し気味だったり、保持するパーツが腰部分だけなので接着は必須と細かい部分は多々ありますがそれを踏まえても、セーラー服とスクール水着を足したようなデザインで潜水服モチーフと思われる専用スーツをメインとした素体モードに重厚な重機のような装備モードと、公式写真よりもずっと可愛らしい表情パーツとかなりのボリュームがあり、組みごたえがあるキットとなっています。
それにしてもフレームアームズ・ガールシリーズの中では意外と人気のないキットのひとつではありますが、劇場版フレームアームズ・ガールの最後で一瞬だけ登場したあの可愛さを是非とも知ってもらいたいですね。

製作につきましては、目立つ箇所の合わせ目消し、800番~1000番の耐水ペーパーで足つけ、サーフェイサーで塗装準備の後、エアブラシとラッカースプレーで塗装しております。
使用した塗料は髪色にクレオス MSパープル、装甲部分にタミヤ ライトグリーンとタミヤ マットホワイトを合わせたもの、フレーム部分にタミヤ ロイヤルライトグレイ、セーラー服部分にはタミヤ ダークグリーンとタミヤ マットホワイト、茶色部分にタミヤ レッドブラウンを使用しています。


ブラボー34 お気に入り登録2   ブラボーとは

コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。