模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

週刊Robi 60

2014/05/12 02:05

M_image

  ブラボーとは

週刊Robi 第60号目

首のサーボにIDを書き込み、上半身に取り付ける

今号のサーボにIDを書き込んで上半身に取り付け、ヘッドスタンドに付いているサーボも上半身に取り付ける。

M_image

  ブラボーとは

今号のパーツ

M_image

  ブラボーとは

サーボのネジ4本を抜き、裏ぶたを外します。59号でコネクタに保護シールを貼ったサーボケーブルを接続します。接続したら、裏ぶたをビスで取り付けておきます。

M_image

  ブラボーとは

サーボをテストボードに接続し、動作テストをします。規定の動作が確認できたら、ID14を書き込み、確認します。

M_image

  ブラボーとは

IDを書き込んだサーボの裏ぶたを外し、上半身の首:旋回サーボからのサーボケーブルを、空いているコネクタに接続します。

M_image

  ブラボーとは

音声認識ボードケーブルをネックサーボホルダーの切り込みに通し、サーボケーブルをネックサーボホルダーの小さいほうの切り込みに通し、サーボをホルダーに合わせビスで止めます。

M_image

  ブラボーとは

ヘッドスタンドのRobiの頭を取り外し、サーボも取り外します。

M_image

  ブラボーとは

外したサーボに、首から出ているケーブルを接続します。接続したら、ネックサーボホルダーの切り込みにサーボケーブルを通し、サーボをホルダーにはめ込みます。ぴったり合ったらネジで固定します。

M_image

  ブラボーとは

これで今回の作業は終了です。

今回の注意点は、サーボをホルダーに取り付けるときに、ケーブルを挟み込まないようにすることと、コネクターへのケーブルの接続をしっかり確認することです(後ほどの号で動作テストをしたとき、まるで動かないサーボがありました。首部分まで分解して確かめたら、この号の作業である首:縦回転サーボに接続したケーブルが、サーボ取り付けの際、外れかけてしまった(コネクタから浮いた)ことが原因だったのです)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。