模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

USS CV-63 キティホーク・その3 スポンソンと兵装の塗装

2020/01/18 15:46

M_image

  ブラボーとは

スポンソンの組立が終わりそれに乗せる兵装の組立です。 CIWSファランクス×2基。

M_image

  ブラボーとは

単装機銃×2基(一丁は予備)

M_image

  ブラボーとは

RAM21連装発射機×2基。

M_image

  ブラボーとは

ここまでで一旦スポンソンの塗装を行います。 ついでに単体で使うエッチングの塗装も行います。 ラッタルやホーサリール、ライフラフトハンガー等・・・。
メタルプライマーを薄く噴射して完全乾燥したら船体色で塗装。

M_image

  ブラボーとは

側面は船体色、上面は滑り止め塗装色の更にクレオスの粗目フラットベースで艶消しを追加してます。

M_image

  ブラボーとは

こんな感じです。

M_image

  ブラボーとは

艦尾のレーダーも塗装、取り付けは飛行甲板を取り付けてからの予定。

M_image

  ブラボーとは

右舷艦首側のRAM21連装発射機を取付け。

M_image

  ブラボーとは

左舷後部、CIWSファランクスと機銃。

M_image

  ブラボーとは

右舷後部CIWSファランクス。
次はこれらを舷側に取り付けて行きます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー19 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント8件

なんとかなるさ

なんとかなるさ
こんなに小さいエッチングパーツ・・・
すぐに紛失して泣きそうw

01月18日 18:00このコメントを違反報告する

トロ

トロ
なんとかなるささん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
そうなんです。 武器やレーダー等は極小のパーツが多いのでピンセットから吹っ飛んで行きます。 まず出てこないですね。 このファランクスにも1mm程の取っ手が10個程取付けないといけないのですが、さすがに勘弁してもらいました。 これからもよろしくお願いします。

01月18日 23:59このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
おはようございます。
金属製のファランクスは初めて見ました。
これは真鍮挽き物にEPを取り付けた組み立て品ですね? 精密感が素晴らしいです。
さらにラッタルを付ける必要はないですね。
RAM21連装も細かくてカッコいいです。
このレベルで1/350を組めると楽しいですね。

01月19日 11:30このコメントを違反報告する

トロ

トロ
Toyohataさん、おはようございます。 コメントありがとうござます。
そうですね。 全金属のファランクスは初めてです。 しかもこれ銃身があるボックスは内部に網のケースがついてて2重構造になってるんです。 うっかり撮り忘れましたがよく再現された構造でした。 外部に1mm程の取っ手が10個程付くんですが流石にそれは接着剤がピンセットに絡み取付けできませんでした。 この繊細レベルになると1/350での醍醐味ですね。 これからもよろしくお願いします。

01月20日 10:03このコメントを違反報告する

mitte

mitte
こんばんは。
機銃類の組立、ここまで細かいパーツを正確に組み立てる技術が素晴らしいです!数ミリ程の装置なのに、実感たっぷりな仕上がりですね!
これからも、進捗を楽しみにしています!

01月20日 22:22このコメントを違反報告する

トロ

トロ
mitteさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。 武器関係はどうしても細かくなりますね。 しかしやればそれなりの効果が有るので無理して老眼+ルーペでやってますが、満足いくものは出来ないです。 mitteさんのクレーンは見事でしたね。 あれこそ究極のディテールアップ細工です。 これからもよろしくお願いします。

01月21日 21:52このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
トロさん
 こんばんは。大量のパーツの製作お疲れ様です。
 いつもすばらしい精度で手すり等を付けられるので、見とれてしまいます。
 緩いカーブ部分の手すりも綺麗に弯曲していて、素晴らしい出来栄えですね!

 船体色と上面の滑り止め塗装色の塗分けも綺麗ですね。
 拡大してみると手すりを接着してから、塗装されているように見えますが、
 手すりがついていると、マスキングも大変そうに思います。
 エアブラシの角度を調整されて塗装されているのでしょうか??
 素晴らしい技術ですね。

 これからも製作日誌を楽しみにしております
 
 
 
 

01月21日 21:55このコメントを違反報告する

トロ

トロ
ゆた提督さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
写真では綺麗に見えますが実際は粗だらけです。 カーブはRに合わせて同じような径の円筒(サインペンやネジや周りにある円いものならなんでも)を使って曲がり癖をつけてから接着しています。 ちょっと小さめの径のもので小さめに癖を付けるのがコツですね。 塗装はおっしゃる通りマスキングはしません。(モールドされてる構造物がある場合はマスキングせざる得ないですが、取付けの物は個別に塗装してから取り付けてます。 これは皆さん同じだと思いますが。) ご想像通り歩行帯の塗装は内側から外に向かって気圧を少し低めにして角度深めに吹いています。 先ず舷側側にはみ出したり塗抹が飛ぶようなことは有りません。 手摺の内側には当然塗抹が着きますが目立つ場合は筆で修正して、少しくらいならシャドーと思って割り切ってます。 キッチリ手摺にマスキングしてたそうするのが正統派でしょうが、ズボラ派はそんなやり方しています。 これからもよろしくお願いします。

01月22日 00:50このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。