模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

PBY/OA-10A カタリナ・その1 機体内部組立て

2020/01/29 15:48

M_image

  ブラボーとは

今、仕掛中のフィアットG.55のスミ入れで失敗。 ウェザリングカラーで入れたのを放置してたら完全乾燥してしまい溶剤では落ちない事態に、その上塗装の剥がれがあちこちに。
よく考えたら組立前に洗浄をサボってた事を思い出しました。 表面が余りにもピカピカだったので油断したのかも。 横着してはいけません。 塗装のやり直しで暫く手間取りそうなので時間を空けます。
という訳で積プラからレベルの1/48「カタリナ」を引っ張り出しました。 箱絵のカッコ良さで買ったと思います。 これだとスキル2だしパーツ数も少ないので簡単に出来るだろうと思ったら、予想以上の大きさ。 胴太のオデブ機とは思ってましたが想像以上、その上主翼が異常にデカイ。 スケール違いのパーツが混ざってるのかと思いましたが、そうではなさそうです。 翼長で60cm以上になります。
なのでレスキーコーナーには収まらないので展示会には外す事になりますが劣化塗装の練習には良いので進めています。 キットには1996年の刻印がありましたので25年程前のキットですが浅いながら凹モールドでリベットも軽く入ってます。

M_image

  ブラボーとは

この段階では主翼の大きさにはまだ気付いていません。 3分割だったんです。

M_image

  ブラボーとは

機体長は40cm程です。

M_image

  ブラボーとは

塗装派派手にします。 確かホビコム展示室にもカタリナの作品がありましたね。

M_image

  ブラボーとは

コクピットと計器盤。 ここでシールの劣化検証です。 中々剥がれなかったですが何とか剥がして貼り付け、ソフターとのりで何とか使えました。

M_image

  ブラボーとは

中央部の偵察室の床面です。 機銃が2基取り付け出来ますが今回は威力救助無しの設定で取付けません。 

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

エンジンも表面だけです。 一応パイピングします。

M_image

  ブラボーとは

主脚はオープンとクローズの選択、地上ランディングもカッコイイですが今回は水上で。

M_image

  ブラボーとは

機首にはロープのモールドが付けられています。 繫留索なんでしょうね。 ここは削り取って後でロープを付けます。 
と言う訳で胴体の接着と主翼のせっちゃが終わり、塗装に入ってます。 ここで気が付いたのですが、このサイズならLEDとモーターも入れれば良かった・・・と


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー20 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント14件

南東北星

南東北星

M_image

お疲れ様です。
さすがに、大国アメリカの飛行艇ですね。でかい。
うちの九七式と、いい勝負ですね。
でも、中身は、カタリナのほうが充実していますね。
いやぁ~、楽しみです。

01月29日 16:10このコメントを違反報告する

haruka1755

haruka1755
WOW!!

模型店にいつも羨望の目で見ていた
48カタリナですね。

楽しみ〜

ちなみに成田では個人展示スペースなら
置けれますので、是非展示検討して
みてくださーい。

迫力ある塗装を楽しみにしてまーす。

01月29日 16:46このコメントを違反報告する

トロ

トロ
南東北星さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
九七式のスマートさに比べてこの肥満体形は横からの外見は良いですが縦で見ると不細工です。 これじゃ時速300kmも出なかったのも良く解りました。
透明パーツもボテボテですから完成後は中身は見えないでしょうね。
塗装も大変ですが頑張ります。 これからもよろしくお願いします。

01月29日 22:19このコメントを違反報告する

トロ

トロ
haruka1755さん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
あのカッコイイ箱絵の機体ですが、デカすぎて大味にならないかが難しいところです。
出来が良ければ個人コーナで考えてます。 主翼も塗装を始めてますがこの悪天候で中断しています。 天候が回復したので再開します。 これからもよろしくお願いします。

01月29日 22:26このコメントを違反報告する

わたる

わたる
こんばんは おつかれさまです!
コクピットといいエンジンといい、キレイにまとめられてますね^_^
完成が楽しみです!

01月29日 23:56このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
おはようございます。
見事なコクピットですね。エンジンのパイピングもさすがです。
成田で拝見できたら僕も嬉しいです。

01月30日 08:46このコメントを違反報告する

トロ

トロ
わたるさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。 
お褒め頂いて恐縮ですがコクピットは本来なら皆さん、モールドのベルトを削り落として鉛板で作るところでしょうが、少しサボッってまーす。
問題は外装塗装ですね。 どう盛り上げるか悩んでます。 これからもよろしくお願いします。 

01月30日 11:39このコメントを違反報告する

トロ

トロ
Fame461さん、こんにちは。 お褒めのコメントありがとうございます。
わたるさんにも申し上げましたがFame461さんならベルトは鉛板で作られるところでしょうがサボってます。 このキットは古いので結構キャノピーが分厚いんです。
薄く削る程の勇気も無いしそのままで行きますが、中身は殆ど見えなくなると思います。 エンジンだけは外から丸見えなのでFame461さんに習ってパイピングしています。 これからもよろしくお願いします。

01月30日 11:44このコメントを違反報告する

Toyohata

Toyohata
トロさん、こんばんは。
また大きな飛行艇のようですね。
カタリナ機は戦記物によく登場するのでおなじみですが、まだ近くでマジマジと見たことがないので製作過程が楽しみです。
早速エンジンとコクピットのディティールが出来上がっていつもながら速い作業で感心します。素晴らしい集中力を恒常的に維持されている様は修行僧の如し!ですね。

02月01日 00:39このコメントを違反報告する

RYU

RYU

M_image

トロさん

こんばんは。
漁ってみたら昔製作写真がありました。
大き過ぎて引きでした入らない位ですね笑
デカールが弱いのか、経年でポロポロ剥がれてきてしまってます。。。
目玉のような銃座窓が特徴で、個人的に好きな機体です。今後の製作日誌楽しみにしております!

02月01日 00:39このコメントを違反報告する

トロ

トロ
Toyohataさん、おはようございます。 コメントありがとうございます。
お褒めの言葉ありがとうございます。 カタリナは「トラトラトラ」やアメリカ戦記物映画ではよく出てきますが製作は初めてです。 何時も横からのスマートな機体を見ていましたが立てから見るとおデブさんなんですね。 今更認識しました。
これもデカ物なので扱いは難しいですが、何とか仕上げたいと思ってます。 これからもよろしくお願いします。

02月01日 08:46このコメントを違反報告する

トロ

トロ
RYUさん、おはようございます。 コメントありがとうございます。
さすがに綺麗に仕上げられていますね。 デカールは今流と違ってモロイ気がします。
要注意なんですね。 ご教示ありがとうございます。 
扱いにも塗装にも難渋していますが何とか纏めたいと思います。 これからもよろしくお願いします。

02月01日 08:49このコメントを違反報告する

RYU

RYU
トロさん

おはようございます。
レベル社の48カタリナです。
確かデカールの上にクリア塗装で固めていたハズですが。。
この時はアクリルで塗装していたので、強度が高いラッカークリアなら防げるのかもしれません。
コクピットは日誌に綴られているようクリアが分厚くあまり見えないので手抜きしてしまいました笑

トロさんはしっかりコクピットも作り込まれてますので、完成が楽しみです。

02月01日 11:42このコメントを違反報告する

トロ

トロ
RYUさん、こんばんは。 アドバイスのコメントありがとうございます。
デカールの繋ぎ止めには注意したいと思います。 確かにクリアパーツは昔の仕様なので不細工ですね。 これからもよろしくお願いします。

02月01日 19:06このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。