模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ファレホでAFVモデルを塗装してみる その3

2016/01/18 00:55

M_image

  ブラボーとは

エアブラシ塗装したあとのファレフォの塗膜がこのあとのウェザリングに耐えるのか?試してみました。自分はパステルをタミヤのアクリル溶剤で溶かし泥やホコリのウェザリング(ピグメントが流行る前の方法)を用いているので、まずそれに耐えられるかテストしてみました。約48時間後の塗装面で濃い目に擦り付けたり、だいぶ溶剤で希釈してみたりと、試してみましたが塗膜が溶けるようなことはありませんでした。

M_image

  ブラボーとは

一方でエナメルによるウォッシングは公式でバーニッシュ(Mrカラーでのトップコートのようなもの)をしてからのほうがよい、と言っているので試していません。バーニッシュしないでエナメルはするべきでないでしょう。一方、油彩ベースのMrウェザリングカラーでも試してみましたがこちらも問題ありませんでした。バーニッシュしたあとでも心配な場合は、エナメルでなくこちらのほうが良さそうです。色数豊富なのとそもそもプラスチックを侵食しないので総合的に優れている気がします。

M_image

  ブラボーとは

最後にファレフォエアブラシクリーナーを塗装面たらして、実際どのように溶けるか試してみました。数滴垂らすと数分後、皮膜が所々弱くなり、引っ掻くとめくれました。融けだしてほかの色と混ざることはなさそうです。逆にこれを利用してチッピングや塗装の剥がれを表現することもできるかもしれません。

よってファレフォによる塗装の場合、
1.まずサーフェイスプライマー
2.基本車体色(モジュレーション含む)
3.迷彩
4.ファレフォのチッピング
5.バー二ッシュ
6.ウェザリング(ピグメントorパステル、エナメルのウォッシング,油彩、
7.エナメル等での細部仕上げ

という順番がベターではないかと思われます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。