模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

メッサーシュミット Bf109E-4 (Tamiya 1/48) Part01

2015/01/01 18:03

M_image

  ブラボーとは

 新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

・・・というわけで、元日から模型をいじっております。

昨年末に完成したBf109E-3とFw190A-7に引き続き、またもやタミヤのメッサーシュミットを作ろうと思います。

前回は妙な所に時間を使ったので、今回は見栄えのする所に手間をかけようと思い、全体にリベットを打ち始めました。

資料としては
[1]BF109の細部(1988年 国江隆夫)
[2]エアロ・ディテール メッサーシュミットBf109E(5刷2005年 大日本絵画)
[3]レプリカ 特集/メッサーシュミットBf109E(1989年 TACエディション)
[4]世界の傑作機 Bf109 パート1(平成16年 文林堂)
[5]スケール・アヴィエーション Vol.7 (1999年 大日本絵画)
[6]デジタルプロファイルシリーズVo1 メッサーシュミットBf109
(デジタル解析カラー側面図集) (2010年 大日本絵画)
を参照しています。
リベット打ちのは[1][2]をメインにやっています。

各資料を概説すると
[1]ドイツ軍機好きとしては外せない国江氏の薄い本。自費出版でしょうか?マニアックな解説で知られる氏の著書なのですが出版時点での「新考証」という点が心ひかれます。というのも、この本以降にBf109Eをまともに詳説した和書を僕は知らないからです。
 また、語り口も断定的で力強いのが「ここ、本当にこうなの?」と弱気になる僕の背中を押してくれます。ただまぁ、背中を押された挙げ句、実際には正しい記述では無かった為に後日修正した箇所がちらほらありますが(^_^;


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

ハゲ教授

ハゲ教授
[2]は古曲機飛行機モデラーの定番ですが、初版が1992年にしては多少考証の荒さも感じる内容。また、インターネットで容易に実機の鮮明な写真を確認できる今となっては(かつては喜んで眺めていたにも関わらず)情報不足が否めません。
 これは[2]に固有ではなく、紙媒体の資料は概ね当てはまる”紙幅の都合”にすぎないのですが、リベットラインを細かく探りたいと考えると少し辛いかもしれません。ただし、野原氏による1/48の上下左右からのリベットも含んだ図面は、今回の模型制作においても非常に重宝しています。
 しかし、いまふと

[7]精密図面を読む vol1 第二次大戦の花形戦闘機編

を見ると、パネルラインに関しては[2]より正確な様ですね。
いずれにせよ[4]にもリベットラインを含む図面がありますが、どれも一長一短というのが本当の所かと思います。大筋では[1]が真実に近い様ですが、必ずしもな部分が断定されていたり、今となっては完全に誤りな部分もあり・・・と、悩みが尽きません。

そもそも悩む必要は無く、ざっくりと作れば良いのでしょうが何故かこういう部分が気になってしまって・・・(T-T)

しかし、リベットライン1つにしても知的好奇心をかき立てられ、インターネットの助けも借りることで旧来の資料に対して「それは間違ってるかも」と思える所は非常に面白いです。凄く便利な時代になって、恐ろしい事ですね。

上記の資料を作った皆さんは非常なる手間と労力を投じて書籍を書き上げているものを、僕の様な若輩者が「ネットで拾った画像」を元に「ここ間違ってる」と言えるわけですから・・・。

しかし、それも「より正確で精密な模型を」というスケールモデラーの基本的習性と考えて正当化し、今回はリベットラインやパネルラインについてはレストア機などの新情報も収拾しつつ、楽しんで打ちまくろうと思っています。

それにしても、この様な考証ごっこをしていると「先輩諸氏がどの程度苦労して一冊の本、一枚の図面をひいているか」を追体験できる様な錯覚に陥りますね。

01月01日 18:22このコメントを違反報告する

ハゲ教授

ハゲ教授
そんなわけで、アップロードした写真のリベットやパネルラインは

「この本によるとこうらしい」

「あれ?こっちの本ではこうだぞ?」

「ん?レストア中の実機の写真だとこうだな・・・」

などという試行錯誤、紆余曲折の成果物です(^_^;

その為、1度埋めたラインを掘り直したり、打ったリベットを埋めたり、後から存在に気付いてモールドを追加したり、はたまた雰囲気重視でデッチアップしたりで小汚い感じになっております。

また、本当は存在するリベットも僕なりの一貫性を持って省略した部分があります。

もっともっと言うと、時々刻々と説得力のある写真が見つかっているので、この状態からまた変更があると思います。

ランナーズハイならぬリベッターズハイみたいになりつつ打ちつづけたので、今日はこの辺で・・・(^_^;

01月01日 18:29このコメントを違反報告する

たか

PROたか
お邪魔します。
リベット打ちがすごいですね。
お見事です。
国江さんのBf109E本が今月9日に発売(予定)されますね。
楽しみです。

01月01日 18:29このコメントを違反報告する

ハゲ教授

ハゲ教授
たかさん

こんばんは。今回は打ちやすいメッサーなので、僕としては根気よく打ってていると思います(^_^;
たかさんのメッサーの製作記を拝見して「僕も気合いを入れて打ちたい」とモチベーションを高めた結果だったりします(本当です)。

国江さんの本の発売も、実はたかさんの製作記(?)を拝見して知りました。
無論、Amazonにて予約済みです^^

ホビコムをやっていると、経験豊かな先輩の皆さんが惜しげも無くノウハウや知識を書いて下さっていて勉強になります。
コメントも励みになります。ありがとうございますm(_ _)m

01月01日 18:57このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。