模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

Ki-84 陸軍 四式戦闘機 疾風 1/48 ハセガワ その4

2014/05/20 00:23

M_image

  ブラボーとは

さて、パイピングを施したエンジンですが、塗装後にはこの様になりました。
もうちょっと目立つ色で塗り分けても良かったかもしれません。
ロッドは黒に塗るか考え中です。塗ろうと思えば今からでも塗れますが、バランス的に五月蠅くないかな、などと心配しています。

この写真では顕著ですが、敵味方識別帯の橙黄色の色を褪せた色にしすぎましたね(^_^;
灰色を入れてオレンジオレンジしないように、と思ったのですが入れすぎかもしれません。

M_image

  ブラボーとは

右舷後方から撮影。

今回の銀塗装では、色を変えた銀を使う点よりは、表面がかすれている感じ・・・を表現しようと思いました。
塗料を塗った機体であれば起こる「チョーキング」に近い印象になれば、と思いました。

一方でMrカラーの8番のシルバーを普通に塗った様な色とは違う雰囲気を狙っています。
Mrカラーの8番よりキメが細かく、輝きはある銀にしたいと思いました。

上に書いた事は、矛盾している気もするのですが、なんとか両立したいと思って試行錯誤しました。

結果としては、見る角度によって違う表情を見せる銀塗装に(一応)成ったと思います。
今後はもっと丁寧な作業で、もっと綺麗な仕上がりにしたいと思います。

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

さて、疾風の排気管は水力式単排気管なので穴をあけるのは少しだけ手間ですが、穴あけをやりました。

実際には全部で30分かせいぜい一時間でやれるのですが、実際に手を動かすまで

「くあー、穴あけるのめんどくせぇー!」

という気分にさせられる作業です。始めれば簡単なので不思議ですが・・・。

まず、0.3mmのピンバイスで穴を何個か並列してあけます。
次にそれらをピンバイスやらアートナイフで削ってつなげます。

できあがりはこの様な感じ。最後に流し込み接着剤を少し垂らしてぎざぎざを除去。
穴の大きさは本当はもっと大きくする事もできますが、攻めすぎるとうっかり切断して見栄えが悪くなるので程々で我慢します。

後方から見ると、この穴のあるなしは結構見えてしまうので手間でもやると自己満足度が上がるのでおすすめです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。