模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

F4U-1D コルセア 1/48 タミヤ その2

2014/06/11 15:52

通販サイト

販売価格 2,124 円

M_image

  ブラボーとは

.
さて、お次は主翼の下準備です。本キットでは結構重要な所かもしれません。
というのも、コルセアの逆ガル翼は屈曲部を境にして外側を折りたたむ構造なのですが、タミヤのキットでは折りたたんだ状態、展開した状態の両方に対応させるため、主翼が外側と内側で別パーツになっています。

折りたたみ状態で作る場合にはどうでも良いのですが、展開状態で作る場合には内翼と外翼の境目がずれないように処理しなくてはいけません。
また、外翼は厚みが案外あるのですが、内部に空間が多いため、力をかけるとバキっといってしまう恐れがあります。

その為、今回は1.5mmのプラ板で桁を入れてやりました。
握っても前縁が割れない程度が目安なので、それほど厳密な作業ではありません。
細かい調整は薄いプラ板を桁にちびちび貼り付ければOKです。

.

M_image

  ブラボーとは

.
外翼と内翼で段差や隙間が出来ない様にするため、少し丁寧にすりあわせをします。
さらに、写真のようにプラ板で「のりしろ」の様なものをつけておく事で、両方をくっつけた後に翼面を触った瞬間に段差ができてしまわないようにします。

このキットの場合、驚く程に内翼と外翼が綺麗にフィットするので、このノリシロさえつけておけばそうそう問題は起きないと思います。
むしろ接着剤をつけすぎて、境目のパネルラインが潰れない様に注意します。

.

M_image

  ブラボーとは

.
内翼の上面の裏側には主脚収納庫のモールドがありますが、そのままではピン痕(写真の黒塗りした円)があるので削り落とします。
ちょっとした手間なのですが、この手の「合わせ目」「ピン痕」「段差」などが残っていると興ざめしてしまう性分なので、処理します。ある意味重箱の隅なのですが、飛行機を作る方はこの辺に五月蠅い方が多いようで、ご多分に漏れず僕もその手合いです。

実際にはハセガワトライツールの3mm、1mmの平のみ(スクライバーだっけ?)を使えば一瞬で綺麗に除去できますので、本当に「ちょっとした手間」ですね。道具があれば狭い部分も何のその。色々な道具に恵まれて、21世紀は素晴らしい時代ですね!

その分、国産の優秀な新金型のキットがあまり売れませんが(^_^;

.

M_image

  ブラボーとは

.
下処理をした内翼、外翼、そして翼断面のパーツを慎重に接着しました。
まず内外主翼を接着剤無しで嵌めておき、ぴったりの状態で翼上面の継ぎ目にマスキングテープを貼ってずれないように固定。
次にノリシロの部分に流し込み系接着剤を少しずつ塗布。境目に流れ込み過ぎないように注意しました。

最後に写真のごとく黒瞬着をべたべたと塗りたくって、少しだけ強度を上乗せします。
ポリパテを塗りたくってさらにカチカチにしたいのですが、万が一にも硬化剤不足のポリパテを詰めてしまうと、プラがとろとろになってしまうのでリスクを考慮して躊躇。。。

振り返るとこのキットが出た時には色々と感動しましたが、折りたたみ機構とその周辺の処理。そして主翼の強度確保などには特に驚きました。

.

M_image

  ブラボーとは

.
お次はエンジンです。
今回はキットのディストリビューターやマグネトーの形状が、いまいちソレッポク無いと判断し、同じタミヤの1/48サンダーボルトのそれを流用しました。
未完成機は良い部品取りになります。。。(T-T)

エンジン本体はコルセアの物をそのまま使います。
右下にあるのはエンジンのプラグコードを「生やす」ために厚みを増すためのシロモノです。

.

M_image

  ブラボーとは

.
先ほどの"シロモノ"をサンダーボルトからもぎ取ったギアケースの裏に貼り付けます。
なんの為かと言うと、プラグコードの基部に外径0.5mmの真鍮パイプを使う予定なので、ピンバイスで0.5mmの穴をあけるためには1mm弱の厚みが欲しかったのです。
接着後、ギアケース裏側の形状に合わせて少し削りました。

.

M_image

  ブラボーとは

.
先ほど厚みを増した部分に、下穴を針でつけてから慎重にピンバイスで穴をあけます。
写真の様に2本1組は接近させています。これを合計36本生やします。

失敗するともう「部品取り」が無いので、慎重にやっております(^_^;

.


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

三浦香里

PRO三浦香里
展開状態の主翼の押さえはバッチリですね。
さっすが、分っておられる!

06月23日 21:52このコメントを違反報告する

ハゲ教授

ハゲ教授
三浦さん

コメント有り難うございます。
このコルセアが出た当初「大丈夫かなぁ?」と思いつつ、何も対策をせずにつくって苦い経験をしたのでそれ以降はココでの手抜きは危険だと悟りました(^_^;
パチピタキットと言っても、きちんと"将来を見越して"仮組することが基本ですね。

06月25日 00:06このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。