模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1967年 LOTUS 49 USGP (4)

2014/04/24 18:10

M_image

  ブラボーとは

仮組を始めました。
取り敢えず途中まではインストの順番通りにコクピットから組んでいきます。

M_image

  ブラボーとは

私がいつも仮組に使用する瞬接です。
LOCTITEの417番は仮止め用の瞬接で強度が通常の瞬接の1/3程度の為軽い力ですぐ外れるので再調整したりする時に便利です。

M_image

  ブラボーとは

MFHのキットは水平、垂直等の調整をきっちりと行えばこのようなメタルパーツでも、嘘か?と思うくらいぴったり組上がってきます。・・・と、思いながらルンルン気分で進めていた所、行き詰まりました。 
シートの幅がバスタブ状の納まる位置より幅が結構広いため、取り付けが出来ません。
最初は他パーツの取り付け方が間違っていたのか、・・インストを見直したり、色々考えたりしてみて、同時製作の方のもう1台も確認したのですが、やっぱりもう1台も同じでした。私が思うに多分シートだけは他のLOTUSキットと共通パーツなんじゃないでしょうか?

M_image

  ブラボーとは

と、いう事で最終手段です。 シートの底の部分は完成時に表に出ないので、削る事にしました。  ルーター、やすり、セラミックキサゲ、手持ちの削れる道具を全て準備です。

M_image

  ブラボーとは

そして、何度も調整を繰り返しながら削る事、数時間、山のような削り屑が出てやっと納める事が出来るようになりました。
作業中も、なんか間違った事をしているようで自問自答をしていたのですが、メンバーの方でこの49を製作された事のある方がもしおられましたら、このシートをどうやって納められたか教えて頂けたら幸いです。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

りっしぃ

りっしぃ
す、凄い作業ですね!!
調整の域を超えてますね…お疲れ様です

04月24日 18:40このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
MHFは作ったこと無いのでどストライクな話にはならんですが。
共通パーツでバリエーションキットを販売する場合、ユーザー側で何かしらの調整と言うのは結構あることですね。
それに海外はもとより日本の名立たるメーカーでも、規模はともかく誤差はつきまといますよ~。
インストに説明がない場合でも、完成写真とか説明図の状態と比較して収まっている位置が問題ないのならソレが正しいのではないでしょうか。

04月24日 19:26このコメントを違反報告する

くまのみ

くまのみ
お気持ちよく判ります。
私もありましたが、MFHの場合はメーカーへの信用度が高いので
合わなかった時は自分の組み方が間違っていると思っちゃいます。

04月24日 21:26このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
りっしいさん、コメント有難うございます。
この作業は調整の域を超えてますね、まるで旋盤工場です。 終わった時はホトホト疲れ果てました。同時製作のもう1台の49も同じ作業をしなくちゃならないと思うと、モチベーションが下がります。

TOOLBOXさん、いつもコメント有難うございます。
ほんとに神経使いました。作業中も間違った事をやっていて、後々コクピット周りの関連パーツの辻褄が合わなくなったらアウトですからね、資料等とにらめっこで作業しましたから多分OKかと思うのですが・・・。

くまのみさん、いつも見て頂いて有難うございます。
全くその通りでした。それまでスムースに組み合わせが進み突然これですからね、この落差は一体何なんでしょう。
MFHのキットは何台か製作しましたが、ここまで合わなかった事は初めてですね、海外のガレージキットなんかはこんな事は当たり前なのかもしれませんね。

04月24日 22:49このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。