模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/12 MFH Alfa Tipo 159M

2017/11/09 21:11

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

1/12 MFH Alfa Tipo 159M

  ブラボーとは

久し振りの完成投稿になります・・・もっとも、最近は製作記もサボリ気味でしたね。
約1年を費やしての完成になりました。一番苦労したのは8分割されたボディーのフィッティングでしたね。仮組ではぴったり合っていた箇所が塗装後の本組時には隙間ができてしまい、隙間の埋め合わせに補強材を貼り、パテ盛り修整後に再塗装を行う等、又、リアカウルの本塗装時には、小さいピンホールがエッジ部分横1列に数個並んでいるのが見つかり(最初から見つけられなかった^^;)こちらも埋め合わせ後に再塗装を行ったりと、色々と回り道をした作品です。
でも、結果的には最後に取り付けるエンジンフードが合わなくなり(前後で多少の隙間が発生)
フロントノーズとセンターカウルのベロの部分左右4か所で微小ネジで無理やり留めています。
そのほか、エンジンなどの内部機構はメタルの質感を生かして、敢えて工芸品の様に見せようと考え、塗装などは行わずに、全てのパーツを、ルーターに取り付けた研磨ディスクで番手を上げながら磨き込み、ワイヤーブラシやピカールなどを用いてピカピカの金属質を出してみました。
最後に車はもちろん1951年.Rd.8 SpanishGP #22 J.M.Fangio車です。ノーズ部のイエローとブルーの箇所はデカールは使用せず、マスキングによる塗り重ねの塗装で行いました。

さて次回作は何にしようかな?・・・と言いながら実はもう決まっていて、もう取り掛かり始めているんです。


ブラボー52 お気に入り登録12   ブラボーとは

コメント7件

tomo0707

tomo0707
こんばんは・・
完成、おめでとうございます。
このキット、フロントグリルがエッチングパーツの重ね合わせで出来ているので、その点が難しそうに思っていましたが、ボディーが8分割とは・・
そうであれば、そのフィッティングに苦労されたのは理解できます。
車内も良く出来ていますね。 ъ(^ー^)good!!
シートにはフェルトを貼られたのでしょうか。 それともキットがその様に出来ていたのでしょうか⁉
とにかく長期間の製作、お疲れ様でした。

11月09日 21:57このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー

M_image

tomo0707さん、こんばんわ。コメント有難うございます。
仰る通りに、この車のデザイン上の一番のポイントはシェーバーの網刃のような、ラジエーターグリルですね、私は中心となる縦のエッチングパーツを添付写真の様に、文具扱いの合成粘度のプルタック?にずれない様に固定しておき、左右交互に流し込み瞬接を使い順次組み立てていきました。 シートのフェルト様の物は、キット内に付属されていたスゥエード調シートで型紙が付属されていましたので、型紙に合わせて裁断して貼り付けました。(型紙に印刷されたシートサイズが大きすぎて、少しずつスウェードシートを切り込みながら合わせていきます)
元々製作ペースの遅いのですが、今回は最初から時間を掛けるつもりで製作していったのですが、本塗装を剥離しての再塗装など、余計に時間を取られてしまいました。

11月10日 21:36このコメントを違反報告する

Umihito

Umihito
完成、おめでとうございます!そして、数々の作業、お疲れ様でした<(_ _)>

・・・しかし、素晴らしい出来栄えに溜息をつきながら写真を拝見しております。
一目で「工芸品だ。」と思ったところカニ目のアシュレーさんもご自身でそれを狙ったとの事、納得です。メカ部の魅力もさることながら、それを覆うボディも調整作業の甲斐もあって貫禄の質感ですね。隙がない凄みのある作品ですね~・・・。
じっくり時間を忘れて取り組まれたことがひしひしと伝わるこの作品、ブラボー以外の何物でもありません。

11月10日 22:24このコメントを違反報告する

たのしがりや

たのしがりや
完成お疲れ様です!遂にフィニッシュですね!このままメーカーの完成写真として使われてもいいくらいの完成度ですね!正に工芸品、ファンジオも喜びますね!次回作もたのしみにしております!

11月10日 23:37このコメントを違反報告する

クリクリ

クリクリ
ピカピカの赤が素晴らしいですね
スポークや配線なども素晴らしいですね

11月11日 07:50このコメントを違反報告する

schu

schu
完成おめでとうございます。
ボディのフィテングから細部の箇所まで素晴らしい出来上がりですね。
素晴らしいです。

11月11日 13:53このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
Umihitoさん、お褒めの言葉を頂き恐縮しております。
私もこのキットは工芸品の様な仕上がりを目指して、最初から時間を掛けても、じっくりと作り上げる事を心掛けて製作してきました、元々製作ペースは何時も遅いのですが、結果的に紆余曲折を経て1年程掛かってしまいましたね。製作当初の頃はエンジンなどの内部メカの塗装を、仕上がり後の全体バランスを考え、行うべきか、このままメタル感を出すのか、迷いに迷いましたが、結果的にはこの方が良かったと今では思っております。  今後とも又よろしくお願いいたします。

たのしがりやさん、評価を頂き有難うございます。
やはりヴィンテージカーは工芸品としても見る事が出来ますから、狙いが当たってよかったです。実はファンジオも1/12のフィギュアを確保して有るのですが、元々顔を描くのが苦手なものですから、何かイメージオブジェの様な描き方が無いものか、今考え中なんです。 又よろしくお願いします。
次回作は一気に1950年から現代へワープします。

クリクリさん、こんにちは。
赤の塗装はバルケッタ社のアンティークイタリアンレッドにフィニッシャーズのディープレッドを4:1の割合で塗装し、クリアーはウレタンクリアーGP1でコートしました。 ホイールスポークも治具の上で1本1本スポークを張る面倒な作業ですが
結構面白い作業でした。 又よろしくお願いします。

schuさん、コメント有難うございます。
工芸品に耐えうる作品を目指して製作した甲斐がありました。
8分割されたボディーのフィッティングには仮組時から入念に調整してきたのですが、本組時にはやっぱりズレが生じてしまい、チリ合わせには苦労しました。
又よろしくお願いします。

11月12日 13:44このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。