模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

発動!幻のVWビートル(グンゼ 1/24)#20 完成!

2022/08/21 11:23

M_image

  ブラボーとは

毎年恒例?の一人異業種交流製作です。
今回製作しているのは、幻のVWビートルこと、「ヘブミューラー・2シーター・カブリオレ」です。もちろん、キット化されていません(多分・・・)。

 それでは早速・・・。前回では、クリアーコートの後、乾燥期間を約一週間取り、そのインターバル期間を活用して添え物フィギュアの製作・仕上げを終えました。で、一週間経ちましたので、ボディ塗装の研出しと最終仕上げを行います。参考までに上写真は、クリアーコート完了時のモノ。

M_image

  ブラボーとは

 そして上写真は、乾燥期間を一週間経たモノ・・・。何となく塗膜が引き締まった感じ?がしますね。

M_image

  ブラボーとは

 ボディ塗装の研出しの前に、ドアパネル等の内装塗分けを行います。

M_image

  ブラボーとは

 それから、漸くボディ塗装の研出しです。言うまでもなく、上写真は作業完了しています(笑)。因みに作業内容は、カーモデラーさん達の定番?手法で、Mr.ラプロス(ミスターホビー)を使用し、#4000→#6000→#8000の順に番手を替えて研ぎ出し、最後にセラミックコンパウンド(ハセガワ)にて磨き出して、仕上げています。ポイントは、塗装時に出来たユズ肌が完全に消えるまで塗膜を磨くことです(受け売り)。

M_image

  ブラボーとは

 続いてボディの各部、モール等の塗装を行います。因みにボディのリブモール(アルミ製・ポリッシュ処理)とVWロゴ(アルミ鋳物製)は、Mr.カラーのスーパーファインシルバー2(SM201)、及びホーンリング(クローム・メッキ?)は、ガイアのプレミアムミラークローム(GP-08)を吹き、ボディ・サイドのステップ・モール(アルミ製・ポリッシュ処理)は、ジュラルミン・フィニッシュ(ハセガワ)を貼っています。

M_image

  ブラボーとは

 ボディの各部、モール等の塗装のリア・ビューです。

M_image

  ブラボーとは

 あと、事後説明になってしまいましたが、シャシーとボディとは、取外しが出来るように前後2か所(計4か所)を極小ビス(メガネ用?)にて固定しています。

M_image

  ブラボーとは

 そして、注意力+集中力を120%のフルゲージ(笑)で、今までコツコツと製作してきた各部の小物類の取付けを行います。でも、トラブル&アクシデントは毎度?の様に発生していますので、リカバリーに次ぐリカバリーにて、めげずに推進!

M_image

  ブラボーとは

その甲斐もあって、漸く作業終了・・・、完成です(大汗)。飛行機製作と違って慣れぬ作業もあって、当初の想定より大幅に時間が掛かって(深夜まで・・・)しまいました(疲労)。

このまま順調に進めばいいのですが・・・、いえ、もうあと残すは完成披露写真だけですよね。最近天気が悪いので・・・、何時になるやらです(笑)。

次回の製作日誌は、もうありません・・・お終いです(笑)。長らくお付き合い頂き、ありがとうございました(感謝)。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー22 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント12件

昔はクーさん

昔はクーさん
うわ~この色最高にそれっぽいですね。
あと思ったのですが、1~2枚目の研ぎ出し前の塗装面も、当時の塗装を考えると意外とリアルかも。
でもほんと宜楽斎さんってセンス良いですね。ブラボーです!!

08月21日 11:37このコメントを違反報告する

taka-miura

taka-miura
ヲッ‼️完成しましたね。
おめでとうございます。
カチと決まっていて素晴らしいヘブちゃんです。

08月21日 11:55このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
昔はクーさん様
早速のコメントをありがとうございます!。
内外装色のご賛辞いただき嬉しいです。今回は、へブ定番色以外で配色する方針でしたが、参考になる例もなく当初は相当悩みました。で、仕上がってみて一安心です(笑)。
おっしゃる通り、オリジナル塗装の実車を間近で観ると、1~2枚目の研ぎ出し前の塗装面のままですね。特にスケールの大きいキットの場合では、有りかもですね(笑)。
また、私の製作センスまでお褒め下さり恐縮です。技術者冥利に尽きます。ブラボーも頂きありがとうございます。

08月21日 12:18このコメントを違反報告する

あっくんパパ

あっくんパパ
 こんにちは。
 とうとう出来ましたね!
 内外装色のバランスが秀逸だと思います。
 折角だから鮮やかな色で塗りたくなってしまうんですが、このグレーの色味がとても昔風で当時の雰囲気を伝えてくるようです。

08月21日 12:21このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
taka-miura様
コメントを頂きありがとうございます。
taka-miuraさんに続いて?、漸くへブちゃん完成しました。
taka-miuraさんの重厚なへブは、古き良き時代を彷彿させる素晴らしい仕上りでしので、今回作品では、切り口を変えてビートルのポップな面を前面に出したイメージでカラーリングしてみました(笑)。実在しない’50年代モデル仕様(オーバルW)ですが、あったら1台所有したいですね(笑)。ありがとうございます。

08月21日 12:30このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
あっくんパパ様
コメント頂きありがとうございます!。
そうなんです、とうとう出来ました(喜)。ギリギリまで悩んでいた内外装色について、お褒め頂いてとても嬉しいです。おっしゃる通り、この手の車は、鮮やかな色で塗りたくなってしまうんですよね・・・、レッド+アイボリーやブラック+レッド等の2トーンとか。因みにボディ・カラーのライトブルーは、ドイツ空軍のRLM78ライトブルーなんです(笑)。両者は使用された国は同じで、時代も近いので当時の雰囲気に上手くマッチングしてくれた様です。ありがとうございます。

08月21日 12:41このコメントを違反報告する

Fame461

Fame461
こんにちは!
いよいよ完成ですね。
間違いない!傑作です。
とてもヒコーキの人が作ったとは思えません。
それにしても美しい塗装です。
凄いです!

08月21日 13:03このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
Fame461様
いつもコメントありがとうございます!。
漸く完成しました。今年の一人異業種交流製作は、これにて終了です。以後、飛行機製作にカムバックです(笑)。今回も色々習得できました。
また、傑作(ビギナーズ・ラック?)とのご賛辞を頂き大変恐縮です。それにしても、カーモデルの塗装は難しいですね。勉強になりました。ありがとうございます。

08月21日 13:18このコメントを違反報告する

oni

oni
こんにちは。完成おめでとうございます。大変シブいヴィンテージビートルの出来上がりですね。いやぁ、幻にならなくて良かったです。内装も外装も実感バリバリに仕上がっており、流石の腕前に大ブラボーです。やはり上手な方は何をやっても凄腕な仕上がりになりますね。まさに傑作です。良いもの見せていただき感謝です。次はいよいよ零戦でしょうか・・・。楽しみにしております♪

08月21日 18:03このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
oni様
いつもコメントありがとうございます!。
漸く好みのヴィンテージ・ビートルが仕上がりました。ホント、幻にならなくて良かったです(安息)。ボディ塗装が終わった時はそうでもなかったのですが、内・外装を実装していくと、徐々に精密感が出てきましたね(喜)。いえいえ、空冷VW以外の車知識や資料は皆無なので、やはりディテール写真や資料があってこそのモデリングだと考えています。元キットはダメダメですし・・・(笑)。次は零戦に専念としたのですが、割り込みモデリングが発生してしまい、零戦は、超低速運転になりそうです(大汗)。ありがとうございます。

08月21日 19:45このコメントを違反報告する

Dr.カノン

Dr.カノン
製作お疲れ様でした。
細部への深いコダワリと、カーモデルの命であるボディ塗装の両面から凄まじいクオリティでたいへん見応えのある製作記でした。見せて頂きありがとうございましたm(_ _)m

作品写真の御披露目も楽しみにしています(^^*)!

08月23日 02:16このコメントを違反報告する

宜楽斎

宜楽斎
Dr.カノン様
いつもコメントありがとうございます!。
当初から製作記をご覧いただき、応援していただいたお陰で、何とか完成を迎えることが出来ました。ハラハラドキドキ(?)のたいへん見応えのある製作記とのご評価、楽しんで頂けたかと思います(笑)。作品写真の御披露目もお楽しみに!。ありがとうございます。

08月23日 19:36このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。