模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ビークルモデル 1/144X-Wing(EP4)③

2020/01/06 02:02

M_image

  ブラボーとは

エンジン部分の続きになります。
接着面がハッキリ見えてしまうので出来る限りヤスリがけで接着面を消していきますが、ディテールが細かい為完璧に消す事が出来ませんでした。

M_image

  ブラボーとは

ノズルの発光テストです。
4個ともしっかり光っています。
僕の場合はこまめに発光テストをしてから次の工程に行く様にしてます。組み立て後はなかなか配線不良を直すのは難しいです。後で不具合が発生した時に原因箇所が特定しやすいためです。

M_image

  ブラボーとは

翼の部品です。
エンジンを取り付け部から翼の根元にかけて、0.5mmピンバイスで穴を開けておきます。
後程エンジンを取り付けた際に配線を翼の回転軸付近に導く為です。

M_image

  ブラボーとは

翼の端に付くレーザー砲の基部ですが、後部がちょうどランナーとのゲート部分になるため、ゲート処理すると何もモールドがありません。
ここもピンバイスで穴を空けます。
写真だとわかりにくいが、0.5mmと1mmの2段構造の穴になってます。

M_image

  ブラボーとは

上側の翼から導いた配線を下側に逃すために回転軸に穴を空けます。翼をX状に展開した時に穴が垂直になる角度で穴を空けてます。

M_image

  ブラボーとは

これで翼側は加工が完了。
塗装出来る様にクリップに挟んで並べます。

M_image

  ブラボーとは

ガイアのサーフェーサーのエヴォブラックで塗装。

M_image

  ブラボーとは

サフを乾かせてる間に機体下部に台座と接続するためのピンプラグを取り付けます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。