模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

超~長期連載?1/350 原子力空母エンタープライズ第2回

2014/05/05 00:15

こんにちは
 
前回は、この製作についてのざっくりとした概要をお話させていただきましたが、今回から数回に分け予告どおり使用するパーツの紹介をしていきます(^_^)
 
ネットをウロウロと見る限りでは、このエンタープライズの製作に関する記事をあまり目にすることがないので、もしかすると皆様には参考にならないかもしれませんが、まぁお付き合いくださいませ(^_^;)

まずはこちら

M_image

  ブラボーとは

White Ensign Models(イギリスの模型製造会社) 品番PE-3522

こちらは大判のエッチングパーツで、内容的には船体の周りに付く落下防止用のネット、手すり、ラッタル、マスト関係、各種アンテナ、ホーサーリール、補強板、扉等が含まれるいわばフルセットで、正直これ一枚で立派に完成させられるというとても助かるエラ~イ一枚なのです(^_^)
が・・・、なぜこの他にもたくさんのパーツを使うのか・・・
それは後々御説明するとして・・・次(^_^;)

M_image

  ブラボーとは

White Ensign Models(イギリスの模型製造会社) 品番PE-3568

こちらも大判のエッチングパーツですが、内容的には・・・原子力空母ニミッツのアップデートパーツ

ん・・・?原子力空母エンタープライズでは・・?
そうなんです、あえてニミッツ用のエッチングパーツを使うのには訳があります(^_^)
 
艦船模型を製作してる方ならご存知かと思いますが、軍艦というのは各年代で少しずつ形や仕様が異なります
それは、これから挑む戦いを少しでも有利にするため、新しい技術やその戦いの場所、状況に合わせた武器や機器、または艦の形そのものを変えながら生き抜いていくからです
現用空母も同じで、常に改修を繰り返し形を変えていきます
 
以前トランペッターというメーカーから1/350 原子力空母ニミッツが発売されましたが、本物のニミッツが改修により使用している装備を変えたため、それに追いつくようにWhite Ensign Modelsがニミッツのアップデートパーツをリリースしたわけです
そして、エンタープライズもニミッツと同じような改修をされたため、このニミッツのアップデートパーツをエンタープライズに使ってしまおうと思ったわけです(^_^)
(なぜかエンタープライズ用のアップデートパーツが発売されなかった・・・(-"-;))
さてさて・・・うまくいくかは今後のお楽しみに(^_^)

そして、本日最後は

M_image

  ブラボーとは

White Ensign Models(イギリスの模型製造会社) 品番PE-3538

またまたWhite Ensign Models製の大判のエッチングパーツです
しかも・・・原子力空母ニミッツ用(笑)
理由は上記と同じ(^_^)

こちらは艦船用パーツのほかに、甲板で働くクレーン車のパーツなども入っていますので、とてもありがたいです(^_^)
空母は本体のほかに甲板で働く車両や機材、航空機やヘリコプターなど、さまざまな乗り物が混在してますからねぇ~(^_^;)
 
ということで、本日はここまで~
まだまだパーツ紹介は続きます・・・・読んでる皆さんは飽きちゃうよね(汗)すみません(^_^;)
でも続けます!!(^_^)
ではでは~♪


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント3件

melehilo

melehilo
これは超大作ですね!
超~長期的応援致します。
頑張ってください!

05月06日 17:38このコメントを違反報告する

s.u

s.u
melehiloさん
コメントありがとうございます
しかも、応援までして頂いて
楽しんでいただけるように頑張りますので、今後とも宜しくお願い致します

05月06日 20:36このコメントを違反報告する

frogman

frogman
こんにちは 実は私も 今日からエンタープライズを作成しますので参考にさせて頂きますので宜しくお願い致します。

02月06日 14:22このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。