模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

超~長期連載?1/350 原子力空母エンタープライズ第10回

2014/07/08 19:52

こんにちは
 
"前回は第9回"と"第9回その2"として、気になる部分の改修を2回に分けてお伝えしましたが、今回も引き続き改修作業について書いていこうと思います(^_^)
 
各部分の改修を進めるにあたり、進行状況に応じて少しずつパーツを付けて(マスキングテープで仮止めです)いきながら、各部どうしのバランスをとりつつ、気になる部分に手を加えていますが、今回は左舷前方に付く台座の部分です
この部分も何回かに分けてお伝えしますね~

M_image

  ブラボーとは

この部分はキットの1983年型と最終型の2012年型では大きく異なります
もともと、ここにはミサイルや航空機を至近距離で迎撃するガトリング機関砲であるCIWS ファランクス(製作日誌第8回参照)が取り付けられていたのですが、最終的には近接防空用艦対空ミサイルのRIM-116 RAMランチャー(製作日誌第8回参照)が取り付けられました。
しかし、それ以上に違うのは、この台座自体が大型化されたということです
インターネットを見ていると、ごく稀ですがこのエンタープライズをわりと新しめの形に改修している方(海外の方を含め)がいるようですが、どうもこの部分には気づいていないのか・・・キットの形のままになっているのを見かけましたので、ここで改修ポイントを書いていこうと思います(^_^)
 
初めはキットの物をそっくり使い、それをベースに切ったり貼ったりして改修していこうと思いましたが、いろいろ考えると全て作り直した方が早そうです
しかし・・・この部分は四角や三角のような単純な形ではなく、多面体となりますので、ほんの一部だけキットのものを使い改修していこうと思います~

M_image

  ブラボーとは

まずは、台座の形を大きく変更すると同時に、取り付け位置も変更する為、船体自体に付いている位置決めの凸を削り取ります

M_image

  ブラボーとは

削る作業の時、私の場合は周りを保護するためにマスキングテープを貼ります
思わぬ所を"ガリっ"と削ってしまうと、精神的ダメージは計り知れませんからね(^_^;)

M_image

  ブラボーとは

っと、このように綺麗に削り取り仕上げます(^_^)

M_image

  ブラボーとは

後側もマスキングして削ります

M_image

  ブラボーとは

あえて一部分だけを残し、その他の部分はこちらも初めから何もなかったかのように綺麗に(^_^)

M_image

  ブラボーとは

ここで一度取り付け、バランスを見ます
初めの写真と比べて、取り付け位置を後方にずらしているのがわかるでしょうか?
最終型では本来この位置に取り付けられていますので、先ほどの位置決め凸がジャマだったのです

M_image

  ブラボーとは

ある程度位置が決まったら、さっそく作り始めましょう~(^_^)
まずはプラバンを適当な大きさに切り出しまして・・・

M_image

  ブラボーとは

ちょっと雑な見本ではありますが(笑)、それを参考に整形していきます~
 
そして、この後・・・
っといきたいところですが、一度にアップできる容量の限界がきてしまいましたので、今日はここまで
ちょっと中途半端な感じですが(^_^;)、もちろん近々にこの後の作業をアップしていきますので、お付き合い下さいませ~
では~


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。