模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

零観じゃないよ、三座だよ…

2019/09/11 23:20

零観じゃないよ、三座だよ…

つくってみました(^。^;) 


…これで、わが人生においてお手付きが最大数の7に!!! ピ~ンチ

とかいいながら、FIAT CR32を仮組するつもり、です。と、きっぱり く(’。’)

良い子は絶対にまねしないでね(T。T)


製作中の写真の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバー

ブラボー23   ブラボーとは


コメント6件

柏木 光雄

柏木 光雄
おはようございます。
新型機の開発ですね。零式3座水偵単フロート型。
エンジンも交換されたのでしょうか?
最初は「紫雲」かと思いました。
完成を楽しみにしています」。

09月12日 08:14このコメントを違反報告する

Delta-3

Delta-3

M_image

柏木センセ、コメントありがとうござます。
すいません、「紫雲」(1/72)で正解です。
「三座」ってやっぱり「知ってる人」は「零式3座水偵」と思っちゃいますね
(^。^;)

ひょんなことでサルベージしたものですが「パーツ欠品・返品不可」で800円でした。欠品は乗員3名でしたから、問題なし。

カウルの内側まで迫る太いスピナーがまるでジェット機の様で惚れ惚れ、です。
(^。^)

09月12日 22:17このコメントを違反報告する

melehilo

melehilo

M_image

まだ黎明期とも言える頃の「紫雲」の懐かしい画像にピクッと反応してしまいました。
発売当時でも、「紫雲」の形状に触発されてアオシマが独自に開発したX機だと解釈していました。
現代での Delta- 3 さんの、新しい解釈を楽しみにしています。

まだ青かった頃の私は、素直にこれに向き合って添付画像のように”改造案”を作っていましたが、「95式水偵」を作る時にあっさり諦めてフロートを流用したので用廃になりました。
右写真のフロートがそれです。

09月13日 12:15このコメントを違反報告する

Delta-3

Delta-3

M_image

melehiloさん、凄いことなさってますね (°。°)ビックリ
確かにこの派手なカラーリングでは「アオシマオリジナル」を疑いますよね。
(^。^;) 
でも 海軍開発番号の"E15K1"は間違いなく、おそらく最初の箱絵はこの組立説明書のモノではないかと思います。キットとして未だ数ある「ミッシング・リング」の一つ「紫雲」を焦がれていた身としてはもうそこは…。

補助フロート周り(寸法と収納)に若干の問題があるようですが、キットそのものは結構気合が入ってます。資料も写真一枚しかないので、まずは必要最低限の修正で形にしてみます。

09月14日 01:37このコメントを違反報告する

クリクリ

クリクリ
ありましたね、こんな模型、簡単な3面図しかないころ、立体で見られたのだから素晴らしいですね。二重反転プロペラ知ったのはこの機体かも。でも当時は、小遣いがなくて、ゼロ戦かなにか強そうなの買った覚えがあります。

09月14日 21:23このコメントを違反報告する

Delta-3

Delta-3

M_image

クリクリさんもこのキットご存知でしたか。意外と認知度高いんですね
(^。^;)
たしかに、プラモデルを作る根源的な動機は「図面や写真しかないもの」の「立体を手に入れる」ところにある、と再認識。

小遣いがあるときにはキットがない…というのも我々のトラウマ, ですね
(^。^;)

このキットについては補助フロートの折り畳み機構を何とかしたいなぁ、と。

09月15日 01:58このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。