模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/8スズキハスラーをつくる 3(エンジンをのせる)

2013/10/20 09:29

M_image

  ブラボーとは

エンジンを載せるにあたり、フレームのエンジンマウント部分のフレームメンバーを
付けなければなりません。
これが困りものです。
組み立て図です。
フレームにパテで補強した部分はそこそこの強度剛性がでましたので、
塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

エンジンマウントプレートB69、B70をフレームに接着します。
エンジンを載せ、シャフトを通して固定しますが、エンジン側の穴が大きく、
シャフトを通しても、ぐらぐらします。
B64、B66もエンジンマウント部になりますがとても固定できそうにありません。
なのでここはM1.6のビスを使って固定しました。
これがなかなかすんなり行きませんでした。
結局フレームに取り付け部分もネジ止めになりました。
マウントプレートの穴がネジで無理がかかり割れてしまいました。
ワレ隠しにナットをつけていますが、不ぞろいでかっこ悪いです。
いずれネジを統一するつもりです。

M_image

  ブラボーとは

B64のパーツでエンジン後部上側を固定する部分でフレームの一部になります。
長さが足りず、プラ棒で継ぎ足しました。
白い部分です。
補強のため中にシャフトを通しています。

M_image

  ブラボーとは

見えにくいですが継ぎ足した、マウントパーツをフレームに組み込みエンジン取り付け部と
向きを合わせました。

M_image

  ブラボーとは

B66も向きを合わせ取り付け、接着が完了するまでバンドで固定します。
結局エンジン固定は前1箇所ですのでエンジンのねじれ、傾きの心配が
あります。フレームもねじれているかもしれませんし。

M_image

  ブラボーとは

スプロケットは裏返して使用するため、6画プラ棒でナットを作り取り付けました。
チェーンがピーンと張った感じより、少したるんだ感じにしたいため、エンジンスプロケ側で
チェーンの上側を少し切り縮めて接着すると、少したるんだ感じになりました。
しかし、取り付ける際はスイングアームを通す必要があり、また切り離さなければなりません。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。