模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

DATSUN 240ZG 1/12 Tamiya(Zまつり) ⑥+テスト

2019/11/18 14:10

M_image

  ブラボーとは

リアサスを組んでみました。
ローダウンしてましたがなんとか組めました。
説明書通り組めば問題なく組めそうですが、あちこちイジルため組んでいたところもあり
組みにくくなってました。
一部接着を外して組みなおしました。
ユニバーサルジョイントが可動するのがすごいです。
がしかし、足回りはじめパーツが細く弱いのですぐ割れたり折れたりします。

M_image

  ブラボーとは

フロントサスのタイロッドエンドですが、ローダウンしたために非常に組みにくくなりました。
最初左上の画像のようにプラをあぶって曲げ角度を変えました。
しかしジョイント部のCの字との斜めになって組めないのがわかりました。
2mmアルミワイヤで作り変えました。
それでもC型のはまり込み部にうまく入るようになりましたが長さを合わせるためいったん外すとCの字ジョイントが・・・

M_image

  ブラボーとは

Cの字型の部分が簡単に折れました。
プラが古くなるともろくなるのか、元からなのか分かりませんが、以前も
タミヤの1/12タイレル6輪車でも同じことがありました。

M_image

  ブラボーとは

Cの字型のジョイントなど作るの大変なのであっさり、こんなのを作りました。

M_image

  ブラボーとは

はまり込みの代わりに差し込みです。
まあサスが固定なので外れることはないです。

M_image

  ブラボーとは

フロントだけホイールはめて、ノーズの感じを見ました。
ボンネットは歪みがなかったはずですが、塗装してからか、何回か落下させて
しまったせいか、チリが合わなくなってます。
今更修正するにも方法があるのか?

M_image

  ブラボーとは

Gノーズのアゴはグレーが標準色ですが、ボディ同色でバンパーをブラックで
行こうかなと思います。
さすがサスがボトムだとこんな感じになります。

M_image

  ブラボーとは

まだ写真が貼れるので追加します。
ポキっと折れたC型ジョイントがついていたE部品は全部もろかったです。
ランナー部で折り曲げテストするとあっさりポキでした。

M_image

  ブラボーとは

細いステアリングシャフトのパーツは折れずに組めました。
これはD部品でした。
折り曲げるとグニャとです。
こんなにプラの弾力にばらつきがあるのが問題ですが、古いものということで
仕方のないことかもしれません。
広げて組むようなパーツはあらかじめテストするのが賢いかもしれないです。
でも補強の仕方も難しいですが。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー18 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。