模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

GUMKA 1/12 カワサキ750SSを作る  ⑦

2013/09/04 19:05

M_image

  ブラボーとは

マッハの制作も今回で7回目です。

今回はホイールの組立と、塗装に付いて紹介しましょう。


上の写真はキットのエッチングパーツですが、綺麗にスポークの重なりも抜かれていますね。

ラグにゃんはスポークホイールのプラモデルの場合は、ステンレスバネ線や洋白線で張り替えますが、今回はエッチングで本物っぽく見える様に考えました。

M_image

  ブラボーとは

こちらは仮組してみたホイールですが、エッチングのカドが見えてスポークが丸く見えないのですよ。

そこで仮組して曲げクセを付けたスポークにウレタンクリアーを塗装して、表面張力で丸く見せるという手を考えました。

GUMKAさんから送って頂いたキットには、スポークのエッチングがもう一枚入っていましたので、これを使って実験しました。

M_image

  ブラボーとは

こちらはちょっとウレタンを塗りすぎた物です。

良く見るとスポーク部分がうねうねになってしまっています。

もう少しウレタンが少ない方が良さそうですね。

M_image

  ブラボーとは

こちらのスポークが良い感じです。

試してみて、どれくらい吹けば良いのかが摑めましたので、実際に使うパーツにウレタンを塗りました。

下地にはフィニッシャーズのマルチプライマーを塗ってからウレタンを塗装。

硬化後にNEXTを塗って金属っぽくしておき、マスキングシートをコンパスカッターで切り抜いてブラックの部分を塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

こちらがブラックを塗装した所です。

マスキングの具合が解りますかね?


セミグロスブラックはタミヤのエナメルで塗装しています。

これはハブの部分のスポークはメッキの為、エナメル薄め液で拭き取ってスポーク部分をすっきりと見せたい為なんですよ。


拭き上げるとこうなりますね。

M_image

  ブラボーとは

綿棒にエナメル薄め液を含ませて、スポークの部分を拭き取りました。

この写真はウレタンを吹いていませんが、同じ工程で出来ますね。


リムの部分はアルミの挽き物パーツでしたが、実車はスチールのメッキリムの為にプライマー後にNEXTで塗装しておきました。

NEXTは表面が参加して錆びやすいのでラッカークリアーでコートしています。


以下は組み込んだ写真ですが。

M_image

  ブラボーとは

前回からはヘッドも接着していて、チェーンも塗り分けてからスイングアームを通し、組み立てたホイールとブレーキハブを組み込みました。

M_image

  ブラボーとは

ブレーキハブにはトルクロッドとブレーキロッドを付け、ブレーキペダルも合わせておきます。

ブレーキレバーとロッドの繫ぎ目にはスプリングを取り付け、ディテールアップをしました。



これでリア回りが取り付いて、眺めて楽しめる様になりましたね〜。




次回はフロント回りの組立です。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。