模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

CB400Four スポーク開始

2014/03/15 17:41

今回は題名通りの作業ですね。


とりあえずキットのパーツはこんな感じです。

M_image

  ブラボーとは

これはメッキを剥がした後のパーツですが、ダボ穴が外側と貫通していたりとか、結構いい加減ですね~(笑)

スポークも太すぎて、ちょっと実感に欠けますね。

これらをタイヤと仮組してみますと?

M_image

  ブラボーとは

ちょっとタイヤが大きいのか、隙間が出来てしまいます(泣)

また、タイヤのサイドウオールとリムが、下の写真の様にほぼツライチなのが気になりますね~。

M_image

  ブラボーとは

リムが白飛びしていますが、何となく解るかと(汗)



ここでゴルゴさんの実車です。

M_image

  ブラボーとは

なんとアルミのHリムなんですよ。

リムの形もフランジが付いたりして、こちらは凄く良い感じですね~。


どうしましょ?(爆)


まあ後で考えるとして、とりあえずリムを張り合わせましょう。

M_image

  ブラボーとは

接着はいつもの様にロックタイトの460です。

たっぷりと塗ってはり合わせ、このまましばらく放置します。


硬化を待ち、タイヤの嵌まる所のリブを削りました。

M_image

  ブラボーとは

これはちょっと後の工程で明らかになる加工ですね(笑)


大体リムの面と合わせたらスポークを切り取ります。

M_image

  ブラボーとは

この後にハブとリムを仕上げて行きますが、ちょっと時間がかかりますのでじっくりとお待ちを。




話は変わりますが、先日WOWOWで,Il DIVO(イル ディーヴォ)のライブ生中継が有り、レコーダーの録画していたのを見ましたが、良いですね~。

日本語の”ふるさと”とか、”花は咲く”の英語バージョンとか。

”花は咲く”は英語ですが、日本語で日本人が歌っているのよりも自然に聞こえたり?

この曲、メルディーの変わり目がちょっと唐突な感じがしていたのですが、イル ディーヴォの歌を聴くとなぜかこちらの方が自然に感じてしまいました。

”ふるさと”は日本語で歌ってくれたのですが、感情の籠り方が凄くて聴いていて涙が出てきました。

他の曲も楽しめる内容で、凄いな~!!でしたね。

まだ聴いておられない方は、ぜひ聴かれることをお勧めします。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー13 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

hiroyuki@マルチ

hiroyuki@マルチ
花は咲く いいですよね

ヨンフォアは友人が昔黄色タンクの
結構な中古を雑誌売買で40万で売れたと
言ってましたね(買ったときより
高く売れた)
もちろん私もそれに乗ったことがあります。
スムーズでしたがパワーが余りないような
気がしました。
いつもながら綿密な作り込みお見事です。

03月15日 23:54このコメントを違反報告する

ラグにゃん

ラグにゃん
hiroyuki@マルチさん
本当にいい曲ですね〜。
イルディーヴォのバージョンは聴かれましたか?

ヨンフォアですが、どんどん値段が上がっていますね。
もはやコレクターズアイテムかと。

CBのフォアシリーズは、ほとんどチョイ乗りしましたが、CB550まではあまりパワー感は有りませんでした。
スムーズに回転は上がりますが、そんなに早い印象は無かったです。
CB750だけは別物でしたね。

このスポーク張り替えは旧車を作るときの必需工作ですから、避けて通れないのですよ(笑)

03月16日 08:39このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。