模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ハセガワ 1/20 ロータス79 DFV

2013/06/10 21:49

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

ハセガワ 1/20 ロータス79 DFV

  ブラボーとは

言わずと知れたロータス79です。

ハセガワのキットで、出てすぐに制作しています。

特に手を入れた所もなくて素組ですが,中々特徴を摑んでとてもいい感じに仕上がりますね。
気になるJPSデカールは,今回そのまま無しで作っています。
完成すると,やはりロゴが欲しくなってしまいましたが(笑)

外装はウレタンの吹きっぱなしで,研ぎ出しとかは無しで仕上げています。

ブラックビューティー、カッコいいですね〜。


通販サイト

販売価格 3,020 円


ブラボー18 お気に入り登録2   ブラボーとは

コメント6件

サク

サク
はじめまして、いつも作品見させて頂いてます。
いつも、綺麗に仕上げてありますね。
更に、ツヤの出し方が凄いです。
ただただ、感心します。
自分のレベルじゃあまだまだ足元にも及びません色々勉強させて頂きます。

06月11日 01:04このコメントを違反報告する

Dr.カノン

Dr.カノン
ラグにゃんさんの美しい作品を色々眺めていると、
私もウレタンクリアーに手を出したくなってきます(^^;)

06月11日 07:07このコメントを違反報告する

hamten

hamten
F1マシンの中でも最も美しいもののひとつですね。
このマシンではJPSが無いのはタバコ広告禁止の国でのレース仕様ということで(^_^)
しかしタバコのロゴがないのはなかなかつらいものがありますね。
自分はマルボロマクラーレンやキャメルロータスのときは我慢できずに自作しました。
その後のF1マシンのモノコック形状を決定付けたマシンでしたね。
アンドレッティよりもピーターソンを応援していたのを思い出します。

ウレタンクリア、素晴らしく美しいですね!
後ろからチラリと見えているミッションケースやリアサスまわりはさすがのリアリティです。

あのころ厚紙でサイドポンツーンの形状を作り、扇風機の前に置いてグランドエフェクトの実験を密かに楽しんでいましたヽ(▽`)ノ
同じシーズンを戦っていましたけど、Lotus79にはまったく歯が立たなかったラウダのBrabham BT46(BT46Bは反則技で一勝)も大好きでした。

06月11日 12:02このコメントを違反報告する

ラグにゃん

ラグにゃん
サクさん
気に入って頂いたようで,有り難うございます。
ツヤはウレタンですので,何もしないでも綺麗になってくれます。
使いこなしにコツなどが有りますが,数を作る事だと思います。

ぜひともウレタンに手を出して下さいね〜。

06月11日 21:23このコメントを違反報告する

ラグにゃん

ラグにゃん
Dr.カノンさん
ウレタンはまだでしたか。
慣れると簡単にツヤが出るので,ラッカーみたいに待ち時間も無くて楽ですね。

ぜひ一度お試しを。

06月11日 21:25このコメントを違反報告する

ラグにゃん

ラグにゃん
hamtenさん

この79は本当に美しかったです。
速さが伴っていたのがもっと凄かったのですがね。
タバコロゴは仕方ないのでしょうね。

ウレタン,この79はシンナー希釈無しの原液で吹きました。
シンナーが多くなると表面の平滑製が損なわれます。
でも吹くのは難しいのですがね?

ラグにゃんはこの頃は大人だったので,頭で理解する様にしていました(笑)
実験はしていません(爆)

06月11日 21:29このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。