模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ R33GT-R 下ごしらえ編

2020/01/10 16:48

M_image

  ブラボーとは

巷ではZ祭が盛り上がっていますが、お祭りにはすっかり乗り遅れてしまいました(汗)
出戻り直後に作ったR33GT-Rの出来が気に入らないのでリベンジです。
前作を見ると、ボディーはタミヤデフォルメでグラマラスになっているのはいいとして、フロントマスクがどうも違和感を感じたので比較してみました。
キットは実車と比較してフロントグリルの開口部が明らかに上下に狭く、また枠の両サイドが太いですね。
下側の突起部分の位置もキットと実車では違います。
この辺りを修正していきたいと思います。

M_image

  ブラボーとは

まずはグリルの開口部を広げるためボンネット先端(マスキングテープよりグリル側の部分)を削り取ることにしました。

M_image

  ブラボーとは

グリルの加工作業をやりやすくするためにボンネットを切り飛ばしました。
決してエンジンを載せるためではありません(汗)

M_image

  ブラボーとは

グリルの加工後です。
どうでしょう?まあまあ狙った感じになりましたかね?

M_image

  ブラボーとは

グリル下側の突起の位置も修正しました。

M_image

  ブラボーとは

サイドシルの前後端を実車のような形状に加工しました。

M_image

  ブラボーとは

N1ダクトを着けてみました。
ダクトはR32ニスモ用のものを加工して使用しています。

M_image

  ブラボーとは

タミヤのキットにはアンテナがありません。
ここは自作アンテナを着ける予定です。

M_image

  ブラボーとは

リアウイングの形状も実車と異なります。
ストップランプがマウントされている部位は実車では、上下にくの字に凹んでいます(キットの元の状態は絶壁状態です)。
職人堅気で削って実車に近い雰囲気にしてみました。
GT-Rエンブレムはおゆまるで型取り複製したので削り飛ばしました。

M_image

  ブラボーとは

このキット、ヘッドライトのカバーガラスとボディーとの間に隙間があります。
ポリパテで隙間調整をしました。
いやあ、前回は全く何も考えずに作っていたのですが、いろいろ検討するとやることがいっぱいありますね!!


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。