模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

え~っと、え~っと、AT-AT マスターヘボリカの修理

2019/10/31 18:21

M_image

  ブラボーとは

前から若干電飾の接触が悪かったのと、足首のシリンダーが度々折れてしまうのが気になっていたので修理することにしました。

シリンダー部は強度確保のため新たに自作します。
芯に1mm径のアルミ棒を使い、その外側が2mm径プラ棒、更にその外側は2.4mm径のプラパイプです。

2mm径プラ棒はハイキューパーツの垂直ドリルガイドの2mmと1mmをマスキングテープで貼り合わせ、2mm径プラ棒に1mmドリルで穴を明け1.2mmまで拡げたプラパイプにしました。
2.4mm径のプラパイプはエバーグリーンのもので、2mmまで穴を拡張しています。

シリンダー上部の横に出ている部分は0.5mm径の真鍮線を芯として、1mm径プラ棒に0.5mm径の穴を開けました。
0.5mm径の穴は以前紹介したピンバイス用センターガイドやTwitterのフォロワーさんが作ってくれた治具を使って開けています。

M_image

  ブラボーとは

アルミ棒はプラパイプに差し込むだけにしてあるので、一応ここも可動部となり可動箇所が増えました(笑)

M_image

  ブラボーとは

色味が少し違ってしまいましたが、目立つ部分では無いので、とりあえずこのままで…(^^;)

M_image

  ブラボーとは

電飾の接触不良は、頭部内のピンヘッダのオスに基板上のオスを上から押し込んで隣接接触させるような感じの状態にしていた(メスの位置合わせが難しかった)ので、そのせいなのは分かっていました(^_^;)

なので、イチかバチかの位置合わせでピンヘッダのメスを何とか基板に付けて何とか対処しましたが、そんなことをやっているうちに、LEDの配線が断線したり、ファイバーを半田ゴテに接触させて溶かして短くしてしまったり、ベイダー卿の差し込み部が折れてしまったりとトラブル頻発(汗)
LEDを付け替え、ファイバーの取り回しを替え、ベイダー卿の差し込みも再接着(ちょっとグラグラ)し、なんとか直しました(-_-;)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー17 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。