模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

十二試艦戦と零戦21型

2017/04/12 00:38

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

十二試艦戦と零戦21型

  ブラボーとは

十二試艦戦一号機 A6M1(ハセガワ1/48)<1〜4の画像>
零戦21型 A6M2b(タミヤ1/48)<5~7の画像>
8,9,10は一緒に写してます。

プラペラの枚数やエンジンの違いはもちろんですが、尾翼が随分違います。特に水平尾翼の取り付け位置の違いが目につきます。ラダーの違い、尾翼の形の違いも気になりますね。
その他、諸々違うのですが、やっぱりプラモメーカーの違いも鮮明になりますね。独特な翼の捻り下げは、古いキットながらタミヤは再現しようとした感じがあります。
タミヤの新作キットも作らないといけませんね。

ちなみに21型の坂井機はアンテナを切り取っていたらしですが、十二試艦戦との違いを比べるのにあえて残してます。


通販サイト

販売価格 7,444 円


ブラボー50 お気に入り登録1   ブラボーとは

コメント2件

柏木 光雄

柏木 光雄
完成おめでとうございます。
零戦21型の完成作品は良く見ますが、十二試艦戦は珍しいですね。
素晴らしいです!!!
11型を作りましたので、揃えていきたいと思っていました。
製作の際に参考にさせて頂きま~す。
次作を楽しみにしています。

04月12日 07:37このコメントを違反報告する

ドロップアップ

ドロップアップ
>柏木 光雄さん
ありがとうございます。
実は子供のことは零戦大好きだったのですが、特攻隊を知ってからはちょっと気が重くなって、プラモに出戻ってからは48スケールで日本機を作るのが億劫でした。
今回、思い切って零戦系を作ってみたのですが、やっぱりバランスのとれた美しい機体ですね。
そんなこんなで私としてはこの間を埋める11型も揃えたい所です。柏木さんのコレクションには到底敵いませんが、少しずつ集めて行きたいです。

04月12日 22:20このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。