模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

デカールとグリーンナンバーサークル

2019/12/08 18:38

通販サイト

販売価格 3,227 円

M_image

  ブラボーとは

カウリングを付けて展示かで前にて掲載したんですが、車体の傍に置く構図も実際見ると悪くない…
最終的にカウルを付けるかどうかを今頃になって迷ってきた…

とりあえずカウリングの塗装はシルバーを吹き付けた時点で乾燥を待ち、ウレタンクリア吹き付けまでは前もってマーキングやグリーンサークルの処理をしておきました。
グリーンナンバーのサークルはデカールではなく塗装に決定!
デカールのグリーンが若干明るかったのと皺になりやすく塗装した方が手っ取り早いって事でTAMIYA曲線用マスキングテープを使いサークルをマスキング。
ディープグリーンに使ったカラー色は好みのカラーがTAMIYAには無く、Mr.COLOR 66番(デイトナグリーン)に15番の(暗緑色)中島系を少しづつ加え、調合していきました。
ライトオレンジのラインはデカールをそのまま使ってますが、マークセッターを上手く使わないと密着しにくいデカールだと思った!
何年も前の中古で買ったキットだけにシルバリングとかは気をつけていたんだけど塗装前にもう一度確認したらまだ密着していない箇所があり、全てマークセッターでやり直しながら数日放置!完全乾燥の後、水性クリアーで馴染ませた!
フィニッシャーズのピュアシンナーをエアーブラシで薄く吹き付け馴染ますって事をMP4-23時にしたけど久々にしようとは思わない工程で中止!
また検証しなければ…
裏面フラットブラックはマスキングゾルを全面に塗った理由は、ウレタンクリアーがマスキングテープによる剥がれに弱いって事を考慮している。
しかしながらマスキングゾルを剥がすのにはマスキングテープを剥がす以上に気を使ってしまった!
フラットブラックの塗装にエナメル系を選び綿棒で後から除去!
特に空気口の細い箇所など厚みがあるウレタンをデザインナイフでカットした後で注意したいのがフラットブラックを塗る前にウレタンクリアーを塗ったエッジに気をつけないと隙間から入り込む事故もおきかねるので面相筆等で対処かな?

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは

M_image

  ブラボーとは


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー6 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。