模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

LINDBERG 1/24 DODGE RAMMUNITION 13回目

2014/02/26 01:13

M_image

  ブラボーとは

ここ数日でやっと最低気温が-5℃以上に、最高気温も永遠の0℃から3とか4とか云う数字が見えてきました。

とはいうものの、築40年を超えた中古住宅は一酸化炭素中毒にはならないようにと、一生懸命隙間風を送ってくれます。

さて継続。

前回はフレーム組み上げまで行きましたが、ここから足回りを繋げるにあたってもう一山工作をしないといけません。
それはアクセルホーシングに施した油圧パイプをエンジンのポンプ類に繋げる作業です。

ところがまず問題が2つ。
写真のようにリザーブタンクはヒケMAXでパテ埋め修正が必要なこと。
更には、エンジンを組み上げる時に一度切り離したオイルポンプです。
このオイルポンプは新たに作り起こす必要があります。

M_image

  ブラボーとは

タンクの修正をするか、新たに作り起こすか。
トライその1
エポキシパテで4mmの円柱を作製しタンクを作り起こす方法。


均一な円柱を作成することが出来ず断念。

M_image

  ブラボーとは

トライその2

5mm丸棒に2mmの穴を開けプラ棒を接着。
この細い部分をリューターに差し込み擬似旋盤で削りだす方法。
(リューターの固定は3mmが限界)

途中でプラ材が折れて部材が吹っ飛び断念。

M_image

  ブラボーとは

方策を考えている間アクセルホーシングの作業を行います。

取り付けてある長い棒はプロペラシャフト。
因みに長いほうがリアです。

これに実車ではハンドブレーキ用と思われるワイヤーが付いています。
なので、このリヤホーシングにもそれをつけようと思います。

M_image

  ブラボーとは

1.0mm真鍮パイプを必要な長さにカット。
中央にヤスリで切れ目を入れて折り曲げます。
この時はきちんと中心の穴の部分まで見えるように切り込み、折り曲げないといけません。

M_image

  ブラボーとは

一気に飛んじゃいました。
先ほど折り曲げた真鍮線をホーシングの基部に取り付け、左右のハブにそれぞれワイヤーをつなげます。
ワイヤー先端は虫ピンに巻きつけピンをカットした状態で先端に取り付けてあります。

M_image

  ブラボーとは

プラ板を鼻息ですぐ飛んでしまいそうな程小さくカットし、ピンバイスで穴を3つ開けます。

M_image

  ブラボーとは

このプラ板がいわゆるワイヤーを引くためのベースプレートになります。

3つの穴のうち2つをそれぞれ、真鍮パイプの左右に繋がるワイヤーにリンクさせて接着し、残りの穴にドライブシャフト側から来る本線側にリンクさせます。

写真は見づらいでしょうか?
一応ワイヤーを引っ張るとパーキングブレーキがかかる仕組みっぽく作ったつもりですが・・。

M_image

  ブラボーとは

いろいろ考えた結果、リザーブタンクはオリジナルを使用することにしました。
油圧パイプが3本つながるので、アクセルホーシングを作った時の応用でジョイントを作ります。

M_image

  ブラボーとは

エンジン作製の際にカットした、ステアリング用油圧ポンプも作り直します。

5mmプラ棒を2mmくらいにカットし表面を整えたあと、オリジナルのポンプのモールドを切り取りプラ棒に貼り付けます。
脇には分岐用のパーツとなる部分を1.2mmプラ板をカットしたもので再現。
それをポンプに貼り付け、先と同じ要領で作成したジョイント部をそれぞれ接着しました。

一応完成。
あとは塗装して、取り付け、パイピングを完成させれば、一気にラストスパート可能ですかね・・・?

今回はここまで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

modeller田村

modeller田村
相変わらず凄い改造ですねブラボー!!!!
車の構造に詳しいですね。
そっち方面のお仕事ですか?
これからも宜しくお願いします。

02月26日 08:07このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
いつもながらの細かい作業、真鍮パイプをつなげて曲げたり、ウエーブの六角を取り入れたり、色々な素材を使い見事ですね。巨大なバルーンタイヤで下から足周りも良く見えますから、細かいディティールアップまだまだ続きますね、頑張って下さい。

02月26日 17:19このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
modeller田村様
毎度コメありがとうございます。
どこかで書きましたが、部品を全部バラして修理するような整備工場に関わっていた時期があり基本的なクルマの構造を知ることが出来ました。
そのことが資料の解析や作製の助けになっていることは確かです。

02月27日 16:13このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
カニ目のアシュレー様
毎度コメありがとうございます。
さすがに、ちょっときつくなってきました^^;
ただここら辺一連のパイピング作業が終了すれば、ゴールが見えてきそうです。

02月27日 16:15このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。