模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ミラージュ 1/35 VICKERS E Mk A 4回目

2014/04/03 23:24

M_image

  ブラボーとは

ピンチの時にチャンスは来るとよく言ったもので、家計のピンチの時に限って欲しいものが売られていたり、オクで激安出品されていたりするものでして・・。
これってチャンスなんだろうか?ピンチにピンチを重ねる罠だったりして。

ということで継続

WaveのR-リベットで整形の際に削ったモールドを補修していきます。
更に足りなかった所にも。

ただスケールから考えると、リベットのサイズがオーバー気味なのですが、強めのアクセントとの意味合いも兼ね、敢えてサイズ無視の雰囲気上等で接着していきます。

M_image

  ブラボーとは

排気管の穴も塞がれているのでピンバイスで開けます。

M_image

  ブラボーとは

排気管はパーツの分割位置がちょうど目に着くところに来るので、誤魔化さずにパテにて隙間埋めをします。

ラジエターなのでしょうか??
車体後部にはビルの空調ダクトのような物があります。
ここも雰囲気を重視して、メッシュを貼り付けます。
(ちなみに実車写真を見ると、ここに金網は付いていません)

M_image

  ブラボーとは

転輪サスペンションパーツには、車軸止めのモールドが省略されているので、プラ棒を使って再現します。

サスペンション本体を止めている、Ωの出来損ないのようパーツですが・・・。
説明書ではΩの足の部分を「上」にして止めるような絵になっています。
ところが塗装説明の塗装ガイド絵ではΩの足は「横」向きで書かれています。
ハテ・・、どちらが正しいのかと調べてみると、どうも横向きのほうが正しいようです。

ということで、ここは説明書を無視して取り付けます。

M_image

  ブラボーとは

排土板を地面に押し付けるためと思われるテンションバーを作ります。

金属棒も考えましたが、敢えて1.0mmプラ丸棒を使って作ります。
スプリング部分は極細の真鍮線を使用して作ります。

M_image

  ブラボーとは

細々した部品も取り付けて、やっと塗装できそうです。
ということで塗装。

まず下地、艦底色に黒+赤少々、更にフラットベースを混ぜて塗装。
この色にしたのは錆色の演出をしやすくするためです。

M_image

  ブラボーとは

ドイツのポーランド侵攻は1939年、ドイツ軍初期の車両色はジャーマングレー。
ダークイエローは1943年から。
VICKERSはポーランド軍の車両が鹵獲され、治安部隊に使われたを狙っているのでジャーマングレーで塗装します。

ガッチリと濃く塗装するのではなく、ところどころ下の錆色が透けて見える感じで色を重ねます。

んで、こんな感じとなりました。

ほんとラッセル車みたいだなぁ・・
取り敢えず、今回はここまで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。