模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

TAMIYA 1/24 ZAKSPEED CAPRI Gr.5 11回目

2014/05/04 00:00

通販サイト

販売価格 9,200 円

M_image

  ブラボーとは

5月の大型連休に入りましたが、休日関係ない仕事をしているため一切休みがありません。

とは言うものの、時間的には余裕はあるのでボチボチ進めております。

さて継続。

先回まででエグゾースト側が一先ず形になりました。
次はインテーク側と行きたいのですが、その前にフロントのベルト関係を片付けることにします。

このエンジンはベルトが3本と多めとなっています。
更に見えるところでプーリーが9個もあるという・。

めげずに作業を始めます。
3mmのプラ丸棒をリューターに挟んで偽旋盤方式でプーリーを作成していきます。

M_image

  ブラボーとは

ベルト関係は極薄の銅板を2mm幅にカットしたものを使用します。

メタルプライマーを塗りたくった後、フラットブラックで塗装します。

M_image

  ブラボーとは

一番下になるタイミングベルト張ります。

上の2つある大きい円形がバルブカム用のプーリー。
その下がオイルポンププーリー(?)←これはあくまで予想。
白い未塗装のモノが、ベルトテンショナー。
一番下がクランクシャフトプーリー。

だと思われます。

M_image

  ブラボーとは

ウォーターポンプ側のプーリーを作製します。

大型プーリーは1.2mmプラ板を4.5mmと4mmの円にカット。
4.5mmの方は円錐形に削ります。

また、3mm丸棒の先端に0.3mmプラ板をひも状にカットしたものを接着します。

M_image

  ブラボーとは

それぞれはこのような位置にくっつきます。

M_image

  ブラボーとは

ベルトを付けて、塗装。

ナット類も取り付けます。

M_image

  ブラボーとは

写真から判断するに、この車のフューエルインジェクターの噴射タイミングはベルト駆動による機械式の様子。

ということで、そのベルトで駆動するインジェクションシステムを作ります。
2mmと1mmの角棒を駆使して、3mm四方の箱をこさえます。

フューエルラインが通る所は予めピンバイスで穴を開けておきます。

M_image

  ブラボーとは

システムを取り付ける前に、ウォーターポンプからのホーシングをでっち上げます。
写真はゴム部品に当たるところ。

0.1mmワイヤーで留め具を作ります。

M_image

  ブラボーとは

システムを駆動する為のプーリーをくっつけます。
このシステムは、向かって左側のカム用プーリーとベルトで連動しています。

まぁ察するに、このエンジンはバルブタイミング、点火タイミング、インジェクションタイミングがベルトによって調整されているというわけですね。

M_image

  ブラボーとは

ベルトを張って、塗装しました。

UPにすると粗が目立ちますね><;
スターブライト系のシルバー、ゴールド、アイアンは粒子が荒いので、アップでの乱反射が悪乗りしている感じがします。
作製距離の目線だと密度のお陰でそれ程気にはならないのですが・・(言い訳言い訳)
気になる所は後で修正しましょう。
取り敢えずベルト周りはこれで完成です。

次はインテークに行けるかな?

今回はここまで。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント6件

くまのみ

くまのみ
車の内部構造にお詳しいんですね。
写真から機能を推測して、それに合った部品を作っちゃうんですから。
私は無知なので、写真の情報が全てで、そこから先の創造が出来ません。
また、いろいろと教えて下さい。

05月04日 02:10このコメントを違反報告する

VEINZEL-JHONE

VEINZEL-JHONE
完璧なフルスクラッチ作品ですね(*´ω`*)車に精通された方ならではのこだわりと、それを実現する作業力、何よりも車への愛を強く感じました∞

05月04日 09:02このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
手元にある素材を巧みに加工されてパーツ化されてしまう技、いつもながら本当にお見事としか言いようがありません。私はもう眼が追いついていかないので、ここまでの繊細な作業は多分無理です。
コメントでも書かれていました通り、当時はまだ、車の制御系のマイクロチップが無い時代でしたから、メカニカルインジェクションが主流だったと記憶してます、ですからどこかのベルトの駒が1か所でもずれると全ての系統が狂ってしまいエンジンが即アウトになってしまった様ですね。

05月04日 17:48このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
くまのみ 様
毎度コメありがとうございます。

クルマの基本構造に関しては、ある工場にいた時に少しかじった程度です。
ただそのお陰で資料の写真から、ある程度の予測がつくようになりました^^;

特にパイピングの時に、見えない部分があってもその関係性を読み取るのに役に立っている程度です。

ぢ、自分の作例は自己満足の楽しみなので、逆に教えを請う方ですよ><;

05月04日 21:41このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
VEINZEL-JHONE 様
コメントありがとうございます。

そうですね、ミリタリーとかその他のキット作るときは結構おざなりでやっちゃいますが、クルマとかは何故か気合が入ってしまいますね><;

05月04日 21:46このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
カニ目のアシュレー 様
自分も目はもう限界行ってますよ~^^; 根性でやってます。

メカニカルインジェクション・・・そうですね考えてみれば、この車1978年、既に36年前のレースカーでしたった。
分かって作っていたつもりでしたが、言われて改めて「おおっ!」て納得です。

05月04日 21:53このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。