模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

TAMIYA 1/24 ZAKSPEED CAPRI Gr.5 19回目

2014/06/06 22:05

通販サイト

販売価格 9,200 円

M_image

  ブラボーとは

なんか久々にCAPRIの更新です。

まぁ、記事に起こすのは久々ですが、あーでもないこーでもないと続けてはいたのですが・・。

さて継続
前回はライト周りの修正でした。
今回はやっとフロントグリル裏側に鎮座します、インタークーラーのコアを作っていきます。

もっと早く手を付けたかったのですが、フロントカウルを押さえるフレームは、意外と他のパーツと関わり合っていて「これを作りたかったら、その前に此方を・・」みたいな順序立てて行く必要があり思うように進みません。

更にここら辺は写真はあるものの、今ひとつ形が判別しにくい角度からしか無く難儀しました。

エンジンルームの各パーツとの比率から、だいたい横幅16mm、奥行き7mm、高さ7mmと計算。それで基本の枠を作ります。
これがコアの冷却部(メッシュになる所)になります。

M_image

  ブラボーとは

上のパイプが繋がるコレクター部分を作ります。

ここはパイプ導入口を頂点になだらかに盛り上がっています。
そのカーブは結構微妙。手作業で同じものを2つ作る根性が必要になりそうです。

当初はプラ板で面カットして箱組しようと思いましたが、面倒になりそうなので断念。
時間はかかりますが1.2mmプラ板を2枚重ね、そこから削りだす方法で作ることにしました。

M_image

  ブラボーとは

前回のライト周りと同じ手順で、プラリペアにて複製を作製します。

M_image

  ブラボーとは

不要なバリなどを取り除いて、形を整えます。

ついでに枠の中にプラ角棒で柱を取り付け強度増しを行います。
ここは最終的にメッシュを張るので多少位置が正確でなくてもOKとします。

M_image

  ブラボーとは

インテーク関係と同様インタークーラーコアもパイプとパーツは、シリコンチューブらしきもので繋ぎメタルバンドで留めています。

3mmプラ棒の中をくり抜きシリコンチューブを作ります。

M_image

  ブラボーとは

コアの下側、つまりターボコンプレッサーに繋がるパイプが出る部分は、1.2mmプラ板を1枚のみ使って足付します。

実際のインタークーラーコアは上下同じ形をしています。

M_image

  ブラボーとは

コアの表面は補強と冷却を兼ねているのか、ワッフルのように網目がモールドされています。

何とかそれを作らないといけません。
ということで、0.3mm厚のプラ板をスネ毛より少し太い程度の幅にカット、だいたい2mm幅で均等になるように接着していきます。

M_image

  ブラボーとは

次に網目になるように、プラ板をちまちまカットして貼り付けていきます。

実車にはZAKSPEEDのロゴが付くのですが、エンジンの時と同様ロゴは付けません。

M_image

  ブラボーとは

網目が完成したら表面をペーパーで段差がなくなるまで削って整え塗装します。

塗装は下地にブラック+クリアー
本塗装にMrのシルバーをベースに、ガイアのスターブライトシルバーを少々混ぜたものをエアブラシで塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

イメージとしてはこのくらいの所に付く予定です。

今回はここまで


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー11 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
イャー!!、又細かいですねー、 モールドがカッティングマットの太いラインと同じくらいの太さですね、息を吐いたら飛んでいきそうです。
そして、徐々にGr5のスパルタンな感じが出てきました。 エンジンルーム完成時にはじっくりと見せて下さい。

06月07日 17:00このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
カニ目のアシュレー様
毎度コメありがとうございます。

ここはあみだくじの横棒を入れるような感じで、2mm以下にカットしたプラ板をチマチマと地道に貼り付ける作業でした><;
小さすぎて何度ピンセットから、ピンっと飛んで消え去ったか・・;;

カウルの収め方もイメージが固まってきましたので、頑張りたいと思います。

06月07日 21:38このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。