模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

正確な骨組み

2013/07/16 20:14

正確な骨組み

これがゼロ戦21型である実機の主桁間に配置される正確な補間材の形状と組み立てです、ご覧下さい。

実機にはこの後に前縁と後ろにリブを主桁にリベツトで固定していきます、兎も角生産性を完全に無視し海軍の要望に答える事に執着したのですね~設計者である堀越さんは。

いずれにしてもこのゼロ戦の精神には目を見張るものがあります。


製作中の写真の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバー

ブラボー1   ブラボーとは


コメント2件

tada771

tada771
吉村昭著の零式戦闘機(新潮文庫)の小説読んだことがありますが(昨年、再度購入し読み直しました)、グラム単位の軽量化をしたんですよね。リベットは頭を削って、平坦にし空気抵抗を減らすとか。操縦桿の重さが重いのを改善するアイディアとか色々書いてありました。そのとき、始めて堀越技師のこと知りすごい人だねと感心しました(高校生の頃だから30数年前?)(吉村昭さんは戦艦武蔵とかも詳しいです)。補間材のことは知りませんでした。

米軍機との違いは、人間を守る防具がなかったこと(軽量化のため考慮されていない)だと何かの本(テレビかな?)に書いてました。終戦間近のときは、この差で零戦の優位性が無くなったんですよね。

07月16日 21:53このコメントを違反報告する

tora

tora
これから作業が進むともっと発見できますよ!、なにしろこれは模型ではなく3DCGですから。全てのメカを駆動して動画にします、どうか長い目で観察していてください、あ!又評価とご指摘もお願いします。

パワーが足りないので時間は掛かりますが(アプリケーションはMAYAを使用しています)

07月17日 00:01このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。