模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

アルピーヌをつくっております5

2014/04/08 23:12

M_image

  ブラボーとは

内装がほぼ完成したため、ボディー側に戻ってきました。窓枠をメッキシルバーで塗り、ハセガワのフィニッシュシートで周りのゴムを再現しました。そして、箱絵でみると、ドアの上のルーフのところに雨どいとゆうか、モールのようなものがあり、キットだとこのへんのモールドがぼやけていたため、金属線で作り直すことにしました。使ったのは、100円ショップの0.28mmのステンレス製針金で、太さも何種類かあり、アルミ針金とともにいろいろのところでお世話になっている、お気に入りです。

M_image

  ブラボーとは

ただ、どう接着するかは深く考えておりませんで、エポキシだと性格上かなりの確率で失敗しそうなので、ハイリスク覚悟で瞬着でつけることにしました。ここで、市販のノズルでもまだ太いので、伸ばしランナーならぬ、伸ばし綿棒(の軸)で、極細のノズルを作りました。

M_image

  ブラボーとは

で、実際つけるとこんな感じです。自慢げに書いていますが、もう基本テクニックだったりしたら、笑ってください。ちなみに、あまりに細いので、低粘度の瞬着を使うと、毛細管現象でどんどん出てきてしまうので気をつけてください。

M_image

  ブラボーとは

こんな感じで、やっぱり、ハイリスクすぎですね・・・

M_image

  ブラボーとは

それでも、左右ともに何とか成功しました!あとは、この後の組み立てで、剥がれたりしないことを祈るのみです・・・


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー21 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント6件

単コロ

単コロ
モールをステンレス線でですか。
ステンレス線は反発力が強いですからぴったり着くか心配ですが、うまくいってますね。
おみごとです。

04月09日 20:37このコメントを違反報告する

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
繊細な作業ですね、確かに塗装後のボディーに瞬接はハイリスクですね、でもはみ出しも無く綺麗に取り付けられてます。これからデカールを貼り、クリアー吹き、砥ぎ出しまでの段階で外れない事を祈るだけですね、(むしろ組み立て、塗装の最終段階で取り付けられた方が外れるリスクは低いのでは。)

04月09日 23:46このコメントを違反報告する

たのしがりや

たのしがりや
単ころ様コメントありがとうございます!たしかに、少々硬いですが、腰があるぶん、”全体にゆるいアールをつける”みたいなときに、途中でアールが不均等になったりしにくいので頑張って使っております、そして、輝き具合がちょうどよくて、無塗装でいけるのも好きです。

04月10日 00:21このコメントを違反報告する

たのしがりや

たのしがりや
カニ目のアシュレー様いつもありがとうございます!実は、このアルピーヌ、市販車使用のため、クリアーと磨きはほぼ終わっております。デカールも無いので、あと、モールを塗って、レンズ類をつけて、ガラスをはめて、仕上げにもうひと磨きすれば完成です!って、今書き出しましたが、まだまだですね・・がんばります。

04月10日 00:34このコメントを違反報告する

Christina

Christina

M_image

なるほど綿棒を伸ばしてノズルを・・・勉強になります。
こまかなエッチングはタミヤセメント流し込みタイプで定着させていますが20年たっても剥がれ落ちてません。いまだ現役で飾ってます。

04月12日 18:23このコメントを違反報告する

たのしがりや

たのしがりや
christina様コメントありがとうございます!流し込み接着剤で、くっつくとは、考えてもみませんでした!目からうろこです!裏技ありがとうございます!

04月12日 23:44このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。