模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

MP4/7をつくっています3

2014/05/04 00:20

M_image

  ブラボーとは

今回は、リヤウィングです。このころのタミヤのキットは、作りやすくするために、リヤウィングが一体成形で、それ自体はいいのですが、翼端版の厚みがどうしても気になるため、切り離しました。翼端版のウィング角度調整用の穴のモールドを参考に穴を開けてから切り出して、位置決めピンを付けやすくしました(穴のモールドどうりに穴あけすると、何箇所かウィングから外れてしまいました。)

M_image

  ブラボーとは

で、さっそく翼端版を薄くしました上側が削り後ですが、半分くらいの厚みでもよさそうです。あとは、縁のみもう少し薄くすれば十分かと思います。こうして、地味~に仕事を増やしてゆく私です・・・

M_image

  ブラボーとは

アンダートレーなのですが、こちらも一部プラ板で作り直したりして薄くしていってます。ちなみに、今回はキットのままですが、MP4/7のディフューザー部はけっこう頻繁にモデファイしていたようで、後期型などだと修正ポイントなのですが、今回は、そのままいきます。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

カニ目のアシュレー

カニ目のアシュレー
最近のF1は空力パーツの塊ですから、これらをいかに薄々にするかが出来上がりを決める大きな要素ですよね。 スケールにもよりますが1/20程度までならディティールアップのエッチングパーツなどが薄さもちょうどいいんですが、値段がちょっと高いのと、ハンダ付け等の加工面が少しネックになりますね。プラは加工し易いんですが、製作途中で誤って割ってしまったり、削れてしまったりするリスクが高いのでこれから注意して進めて下さい。

05月04日 20:48このコメントを違反報告する

たのしがりや

たのしがりや
カニ目のアシュレー様ありがとうございます。やっぱり、各部の薄さは重要ですよね。この頃は、前後ウィングの翼端版やリヤウィングステーなども、ただの板状だし、数も少なく比較的楽ですが、2000年代後半ぐらいのマシンはけっこうごてごてしていて苦労した記憶があります、これからも、地味~な作業の連続ですが、良かったら見てください。

05月06日 22:55このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。