模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ジョーカーinアサイラム(仮)その3

2013/10/26 09:59

M_image

フィギュア本体の製作と並行して、台座の計画を進めます。

アーカム・アサイラムの病室です。
壁の構造材は10ミリ厚の高密度発泡スチレンボード。片足を伸ばしたジョーカーの姿勢に合わせて、片側だけ長く取り、木製ベースに傾けて置くことにしました。

M_image

台座はニスで濃い色に光沢塗装。

病室壁面のフチと背後は、水性パテ「モデリングペースト」でコンクリートっぽい下地を作り、タミヤアクリル「スカイグレイ」に水を1割程度混ぜたもので基本塗装、油絵の具「バーントアンバー」と「ブルーブラック」を溶剤「ペベオ・オドレス・ミネラル・スピリッツ」で薄めて汚しました。

余談ですが、この「ペベオ・オドレス・ミネラル・スピリッツ」、エナメル塗料を薄められるのに、まったくポリスチレンに負担をかけません。塗装していない発泡スチレンをウォッシングすることも、ポリキャップのテンションでガチガチのガンプラ関節に流し込む事もできます!

内装を塗っていないのは、コンクリート以外の仕上げをするからです。

M_image

内装材の準備。

厚紙を芯に、キルト用ポリエステル綿を重ねて、アートフラワー用の薄いシルクでくるみ、両面テープで固定。一定間隔で、アートフラワー用の白い針金を通して表から裏まで締め上げました。(当初、この工程に律儀に糸と針を使っていましたが、えらい時間がかかるので途中から針金を使えばいいと気づいたのです)

M_image

で、内装を施したのがこれ。
危険な患者用のクッション張り病室、英語で言うpadded cellというやつです。

M_image

台座に題名をスタンプすべく、ゴムスタンプを用意します。

一度では見えにくいと思うので、白でどっぷり押して下地を作り、別の色でもう一度押す事にしました。

写真は、押しやすいよう事前に並べた状態。
「THE JOKER IN」までは文字に重複がありませんが、それ以後重なる部分の「A」や「M」は空白になっています。

M_image

で、押したのがこれ。
かなり読みにくいですね。

しかしそれより、重大な問題に気づきました。
主役のジョーカーがうつむいた状態で、彼と視線を合わせるのが難しいのです。

これに対する解決の選択肢は
1)ジョーカーの顔を上げさせる
2)台座を持ち上げて、閲覧者が覗きこみやすくする

M_image

上記の選択肢のうち怖いのは2)だと思うので、台座を10cmほどかさ上げすることにしました。
お上品な作品ではないので、光沢や色や端の処理を綺麗にそろえる必要がないのが救いです。

ちなみに板材はMDFと呼ばれる、木粉を固めた板。下の縁取りは「栂(ツガ)」という木材です。

M_image

作業が前後しますが、病室の内装を荒らしします。

布地に、色々な方法で傷を付けようとして、ノコギリで撫でるのが最も効果的とわかりました。

M_image

ほぼ完成したのがこれ。

ノコギリで傷を付けた内装に、油絵の具「カドミウムレッド」を中心にして鮮血を、「バーントアンバー」+「ランプブラック」を中心に混色した焦げ茶で古い血の跡を表現します。

布にまとまった量の血が付着すると、色の濃い血球の成分が定着した後から流動性の高い血漿がさらに広がって、シミが2段階になることがあります。なるべくこれを再現して、単調さを防ぎます。(写真ではまだ作業の途中なので汚れが少ないようです)

台座立ち上げ部の正面には、コラージュ風に題名を貼りました。スタンプの題名が読みにくかったことに加え、こういう自己主張の激しさがジョーカーに似合うと思ったからです。なので、通常の模型のタイトルプレートでは考えられないほど大きなフォントで、大きな面積を堂々と埋めています。

M_image

2の段階でコンクリート風に塗装した壁背面も、それだけでは寂しいので少し飾りました。
正面と同じ題名のスタンプを押した上で、コミックからのセリフを引用した紙を貼ってあります。

内容は、

魂が
もがき、苦しみ、
血を流してるのに、
他人が踏みつけて
行く時はァ!

スカして
ないでェェェ、
狂っちまいなァ!
ーー「バットマン:キリング・ジョーク」アラン・ムーア作より


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

えびすまる

えびすまる
うわぁ〜!
何と言えばいいのか…⁉
製作技術、センス、抜群です!
素晴らしいですが、
上手過ぎて怖いので自分の部屋には置きたくない複雑な気持ちです。
ブラボー!

10月26日 10:19このコメントを違反報告する

ブラスコウ/秋友克也

ブラスコウ/秋友克也
えびすまるさん

お褒めにあずかり光栄です。
アーカム・アサイラムというのは、ゲームやコミックのタイトルになるぐらいバットマンの世界を代表する場所なのですが、その禍々しさを立体でしっかり表現した例を見たことがなかったので、自分の手で作り上げるのが二十数年来の宿願でした。

10月26日 11:52このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。