模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

童友社 1/32 零式艦上戦闘機21型 隼鷹戦闘機隊

2020/03/31 23:00

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

童友社 1/32 零式艦上戦闘機21型 隼鷹戦闘機隊

  ブラボーとは

2019年4月。

灰色塗装で配備され、現地で暗緑色の上面迷彩が施された機体。実機は恐らくスプレーガンを使った吹きつけだろうが、作業の楽しさを優先して水溶きアクリルをボカシ刷毛で叩き塗りして濃淡を表現。搭乗や整備の際に擦れそうなところはサンドペーパーで水研ぎして剥がした。

1/32 A6M2 Zero Type 21 from Doyusha, in mold by TOMY. 1943, Junyo Flight Group.

Deployed in grey paint, the aircraft was given a dark green camouflage in the field. The actual fighter was probably sprayed, but I tapped water-thinned Tamiya acrylic with a brush to blur, for the pleasure of working. I sandpapered and peeled off green layer areas that might be frayed during boarding or maintenance.


ブラボー48 お気に入り登録5   ブラボーとは

コメント4件

トロ

トロ
おはようございます。 完成おめでとうございます。 良い感じの塗装ですね。
まるで実機感満載です。 絶妙の劣化表現、勉強になります。

04月01日 09:58このコメントを違反報告する

もりっち

もりっち
南方での激務に耐え続けている健気なイメージ、カウリングの金属感と錆び感が
リアルでブラボーです。
私も、いつか32零戦作りたいです。
たしか32サイズを以前作ったのは40年前か・・・

04月01日 12:24このコメントを違反報告する

ブラスコウ/秋友克也

ブラスコウ/秋友克也
トロ さん、コメントありがとうございます!
大戦当時の写真を見ると、ボカシ迷彩など軽い吹きつけの塗装は、塗膜が薄かったり定着が薄かったりするようで、結構剥げています。それを模型で再現してみました。

04月01日 21:59このコメントを違反報告する

ブラスコウ/秋友克也

ブラスコウ/秋友克也
もりっち さん、コメントありがとうございます!
機体全体にリベット表現が施されたこのキットですが、なぜか実機でリベットやネジの多いカウリングはほとんど平らです。カウリングはよく清掃される反面、オイル漏れやネジの錆も多かっただろうと思い、間を持たせる意味も込めて強めに汚しました。

04月01日 22:02このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。