模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

PCのCPU簡易水冷化

2020/02/23 16:10

M_image

PCのCPUをI7(一般ユーザー向け)からXEON(基本的にはサーバー用)に
変更したついでに簡易水冷化を行いました。

アンテック PCパーツ 水冷KIT KUHLER-H2O-920-E LGA 2011 support Antec25 2001LS076

まあ4千円程度の代物ですが耐久性も高いそ~なので購入しました。
ただ、マザーボードのCPUファン電源PINが対応していなかったので
数日は掛かりましたが別電源での変換コネクタを用意し本日装着となったわけです。

M_image

全パーツはこんな感じです。ラジエーターの大きさにビビりながら部品点数を
確認します。ファンの大きさが通常のPCケースについている大きなファンだと
思って貰えればラジエーターの大きさが想像できやすいと思います。

それにしても花粉が飛び始めて目が腫れてきて、、、嫌な季節になったものです。
でも桜の花は好きですよwだからこそ今それのCG背景作成中なんですけどね。

M_image

PCケースについていたファンを取り外し付属のファンを1個付けてから
ラジエーターを取り付けます。
下の赤いのはメモリーです。まあ大丈夫でしょうが隙間はギリギリかなぁ。

M_image

そしてもう一つのファンも取り付けてラジエーターを挟み込む感じで
取り付けます。

M_image

CPUに直接取り付けるポンプ部分です。CPUの上に置いてから
付属のねじで固定します。
AMD用とインテル用のアタッチメントを選んで取り付けるのですが
説明書が判りにくいですw

M_image

取り付け完了です。
ポンプ部分に書いている社名とかLEDで青色に光るのですが
基本見えないから意味がありませんw
水冷やるならPCケースはミドルタワー型よりも大きなものを
用意したほうが楽に付けれるかもしれません。
今回はポンプ用の電源変換コネクター確保に時間がかかりました。
まさか4ピンではなく3ピン仕様のコネクターとは思わなかったので。
(前のマザーボードなら3ピンでOKだったのですが)
今のマザーボードはASUS社のRAMPAGE IV EXTREMEなんで
オーバークロックなどに特化していると言えばしていますが、、、使う本人次第ですね。

M_image

そしてレンダリングで負荷をかけてやります。
そして、、、驚きの冷却効果!空冷よりも20度も冷やしている結果に。
ただし、ファン自体は全開モード×二基なんでかなり五月蝿いです。
我慢できないほどではないですがアイドリング時に比べるとなんだこりゃ~ですw
アイドリング時はインテル純正の空冷ファンよりも相当静かです。
もっともワザと全開設定にしましたのでAUTOなら問題ないでしょう。
マザーボードの温度も問題ないようですしね。

さて、CPUファン電源をマザーボードから取っていないのでBIOSで
それらの設定を無効にしないと駄目なんで、その辺も注意した方がいいですね。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー4 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント2件

G太郎

G太郎
菜月 潤 さん>お邪魔します。
一度は挑戦してみたいと思っている?”水冷式!”
冷却水の漏れが怖くて・・・・(笑)

03月01日 19:18このコメントを違反報告する

菜月 潤

菜月 潤
G太郎さん こんばんわ。
水漏れの心配はないと思います。本格的な水冷だとパーツ間の締め忘れが
ある場合がありそうなのでそっちは怖いかも。
これはあくまで簡易水冷なんでそこまで心配する必要はないかと思います。
ただ、、性能の良い空冷でも十分だと思いますよ。
後はケースの大きさとの相談ですね。

03月01日 23:09このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。