模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

第12SS戦車師団「ヒトラー・ユーゲント」第12連隊所属の615号車を作ってみよう(その6)

2013/05/19 16:48

M_image

  ブラボーとは

 塗装の前に考える...
いつものことなのですが、あれやこれやとイメージ通りに作ってきて塗装で失敗?とならないように、ここでイメージのおさらいをします。
 1944年6月のD-DAY直前、場所はフランスのアルジャンタン北東部、天候は曇り、ベルギーの駐屯地から移動後、編成と訓練を行っていた第12第12SS師団に、B集団司令部より緊急警戒出動命令が届く。新兵の少年兵たちは上官の命令で、急いで迷彩塗装を施し移動命令を待つ。とこんな感じです。実際に立ち会っていませんし、歴史家でもありませんから推測です^^ 
従って迷彩パターンは雑で、ベタに近いし、曇り空という事で暗く(発色は考えなくてよい)ボャ~とした感じでいきます。
 最初にサフェイサーを吹きます。ツィンメリットコーティングがあるので、今回は1200番を使います(モールド埋めないように)履帯も同様にします。
乾いてから繊維くずの付着や傷をチェックします。
 

M_image

  ブラボーとは

 シュルツェンの下地処理。
金属なので台所洗剤で、シュッシュッと洗いよく乾かしておきます。次にプライマーを吹いて乾かし、繊維くず等付着していたら、ピンセットで取っておきます。
 サフェイサーは1000番でも構いません。表裏同様です。

M_image

  ブラボーとは

 転輪のゴム部分の塗装。
アクリル系のフラットブラックにダークグレーを加えて吹きます。加える割合なんですけど試し吹きしながら、調色するのでよくわかりません。光を当てたときグレーぽく発色するのが、理想的なんですけど...^^|
はみ出しは気にしません。

M_image

  ブラボーとは

 車体に基本色を吹く。
今回はアクリル系のダークイエローだけを使い、吹き残しやムラのないように吹きます。但し塗料の回らない箇所は、厚ぼったくなるので無理する必要なし。

M_image

  ブラボーとは

 砲塔に基本色を吹く。
車体と同様です。

M_image

  ブラボーとは

 シュルツェンに基本色を吹く。
裏表同様にします。と書くと簡単なんだけど結構大変です^^|

M_image

  ブラボーとは

 車体に砲塔とシュルツェンを取り付ける。
シュルツェンは裏から秘密兵器のマスキングテープを張り付けて、バラつかないようにして装着。

M_image

  ブラボーとは

 セットしたところで...
薄目のサンドイエローをサッと左右に簡単に吹いときます。
ありゃ~シュルツェン先端塗り残しています。 

M_image

  ブラボーとは

 迷彩色(1)を描きます。
ここはダークグリーンよりもボヤけた感じを出したいので...それとケンカしない様に、サンドイエロー少し加えておきます。

M_image

  ブラボーとは

 迷彩色(2)を描きます。
自己主張が強い色なので、吹く箇所と面積を考えつつ写真を見ながら、描いていくのだけれど無茶苦茶だな。ベタっぽさ上手くいかないぞ...^^|
 続きはその(7)で。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー5 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。