模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

「虎」の製作日誌 其の参

2014/05/31 12:03

M_image

  ブラボーとは

 スゴイことになってますが、ラジエターと燃料タンクユニットを取り付けています
手順書では車体に先に取り付け(上面パネルにも一部のパーツを取り付けます)ますが、これですとグリル付近の隙間と高さを出すのに苦労します
 グリルを開けない限り見えない所なので、外観を優先しました(見えない所に凝るのも楽しいのですが...)
 上面パネルをキチンと取り付けてあれば、ユニットを押し込んだ時きつめですがピタリと決まります(接着剤が要らないほどです)上面パネルと車体の反りの関係が原因ですね
 早い話このユニットで反りの修正を一気に行うのです

M_image

  ブラボーとは

 リアパネルを取り付けてみます
完全な箱の出来上がりです

M_image

  ブラボーとは

両端にコーティングを施します

M_image

  ブラボーとは

砲塔リング周り中央の反りは解消されていないので、前後に角材等を立てて修正します

M_image

  ブラボーとは

 リアパネルにエンジン始動用アダプターとマフラーを取り付けます
マフラーの装甲板を取り付ける際に、マフラー側の取り付け穴が浅いので掘り直すと、ピタリと決まります
 太いので真鍮線で作り直すか考えたが...カバーを取り付けるとあまり見えなくなるので、このままにしときます

M_image

  ブラボーとは

エンジン始動用シャフトの取り付け金具モールドはNGです...ので彫り直します

M_image

  ブラボーとは

 20tジャッキとマフラーカバーの取り付けます
シャフト同様コの字金具は彫り直して、カバーのほうは凹みを...あまり見えませんね

M_image

  ブラボーとは

 サイドフェンダーは必ずブロックごとに切り離してから取り付けます
三角形状の補強板の取り付けは1943年1月からなので、プラバンから切り出して追加工作をします

M_image

  ブラボーとは

 このサイドフェンダーは1942年11月からの装備で、この時は前2枚の長さが短くて取り付け角度もついていましたが、翌月12月には長さも同じになり、角度もほぼ一直線になりました

M_image

  ブラボーとは

 機関室グリル用のシートカバー取付け金具を、左右5ヶ所づつ追加工作しましたが、細かい作業は実に辛いですね...(T_T)
 次回は砲塔編です


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー15 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。