模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

「リズと青い鳥」と原画展

2019/08/12 10:35

M_image

製作中の写真の「留守にいていました。」からの続きです。
今回の事件で普段アニメを見ない人に京アニ作を勧めるなら高校の吹奏楽部を舞台にした「響けユーフォニアム」になるかと思います。
とはいえテレビシリーズで2シーズン、25話あります。京アニの凄さを知りたいだけなら、「響けユーフォニアム」の原作の1エピソードを1つの映画にまとめた「リズと青い鳥」でしょうか。独立した作品として完結しているので、「響けユーフォニアム」を見ていなくても大丈夫です。
私も最初の上映時には、キャラ、画風をがらりと変えているので、シリーズの最新作「誓いのフィナーレ」の演奏曲が「リズと青い鳥」と言われるまで、同一シリーズの1本と気付いていませんでした。
作品はもう総合芸術としてのアニメという意味でもう圧倒されっぱなしでした。スタッフコメンタリーも充実しているので、演出の解説などを聞いてからまた見直したりして、5回位連続でみました。ただ、凄く内省的な作品なので、万人受けとはいかないのですが。

M_image

本編が吹奏楽部員の群像劇なのに対し、リズは美しくて、儚くて、繊細で触れてしまえば壊れてしまいそうな2人の少女の心の物語です。部隊もほぼ全編学校内という閉鎖した空間の話です。
オープニングの日曜の朝練で校門で待ち合わせてから音楽教室に向かい2人で練習を始めてタイトルがでるまでの10分間程の朝の空気感、近づく足音、鳥のさえずり等の効果音の入れ方、歩く2人の足のアップとそのステップに絡む音楽の入れ方、移動に合わせた構図の取り方が本当に上手くて、ここまでみて気に入ればもうこの映画の虜になるでしょう。
言葉でいうよりは絵で見てもらう方がいいので、1枚貼ります。
淡い青色を基調とした朝の教室の雰囲気が伝わるでしょうか。
全編淡い色で統一され、時間に応じた光の入り方、色の変化を付けて
いっています。キャラも線が細くなりより儚さが強調されています。

M_image

昼間のシーンになると外の木洩れ日を受け若干緑が強くなるのです。
このあたりはもうアニメというよりは写真集的な絵図作りなので、
写真撮影時の勉強になります。

M_image

水槽を通した部分とそうでない部分が顔にかぶさるシーンも凄く考えられた絵の作りをされています。この1枚あけでもアートでかなりの情報量を持ています。
リズの作品の色彩設計が今回の事故で無くなられた石田奈央美さんのお仕事です。彼女がいかに素晴らしいアーティストだったかということが判ると思います。
数々の作品を残してくれたお礼とご冥福をお祈りします。

M_image

さて今回の事件で大半の原画が消失されたと言われるなか、原画展のため運びだされて難を逃れた原画が存在します。
その原画を今、徳島の「小山助学館」という本屋で見ることができます。
港の倉庫を改造して本屋にしているので、徳島駅からは遠いです。
一駅先の阿波富田駅から川沿いに20分位歩けば到着します。

M_image

原画は男子水泳部を舞台としたFree、男子弓道部を舞台としたツルネが中心ですが、「バイオレット・エヴーガーデン」も第5話の王女の恋文を代筆する話と第6話の作品をかけなくなった劇作家の回の原画を見ることができます。
展示は壁面一面に貼っているので、まじかで見ることができます。

M_image

こちらは、第5話のシャルロッテ王女の原画です。

M_image

こちらは第5話の作家オスカーとの2ショットです。
結構書き込み指示がかかれています。
原画は普通のイラストと違って色がついているわけではないので、
指示の記号を読み解くことになるので見るのは人を選びます。
興味のあるか方は、8月30日までやっています。

M_image

物品コーナに残っていたリズ版の麗奈をお土産にかいました。
来月はバイオレット・エヴァーガーデンの劇場版が公開されるとのことなので
こちらも行ってこようと思います。
ではでは。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー19 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント2件

Dr.カノン

Dr.カノン
最近、ネット上で事件動機に関する記述を読みました。憶測となっているものの、ほぼそういう事なのだろうなと思える内容でした。そんな事で……という悔しさしかありません。

ネット上で質の悪い荒し行為は犯罪の前兆傾向が強いので警察等もそういう観点から注意を払うようになれば…という思いです。

バイオレット・エヴァーガーデンはアニメで一通り観て、とても胸に沁みる作品でした。劇場版、観に行ってみたいと思います。

08月17日 09:03このコメントを違反報告する

たぬぽん

たぬぽん
Dr.カノンさん
いつもコメントありがとうございます。
本日で事件から1か月たちましたね。この1か月でかなりの数の
作品をみましたが、エンドロールをみるにつけ、亡くなった方々が
いかに京アニで重要な位置を占めていたかを伺い知る結果となり、
その人が持つ感性、培ってきた技術の蓄積の損失が大きすぎます。
やっぱり、5年、10年でのスパンが必要になりそうです。
そんな中での新作公開は頭が下がる思いです。
私も初日に行ってこようと思います。

08月19日 00:14このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。