模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/24 ミニクーパー エンジン作るよ

2022/07/20 20:33

M_image

  ブラボーとは

製作中のタミヤ 1/24 ミニクーパ。ボデイ乾燥待ちの間にエンジン作ります。
小さいのに精密なエンジン。ン十年前のキットとはとても思えません。
細かい塗り分けに細かいパーツ。これは作り応えがあります。
より見栄えをよくするために、配線の取り付けを考えます。

M_image

  ブラボーとは

配線を取り付けるのに、この部分は邪魔になるのでカットします。

M_image

  ブラボーとは

カットした後に直接穴をあけると貧相なので、立体感を出すためにコトブキヤの六角ナットを利用します。一番上の小さいやつを利用します。

M_image

  ブラボーとは

六角ナットを取り付け後中央のポッチを切り飛ばして、その跡にピンバイスで0.4mmの穴を開けておきます。
左側がナットを付けた状態、右が無い状態です。ナットを付けると立体感がでていいですね。

M_image

  ブラボーとは

ピンバイスを繋ぐ、こちらのパーツも突起があるので、それを切り飛ばして0.4mmの穴を開けておきます。見えにくいですが穴開けた状態と突起ある状態です。

M_image

  ブラボーとは

穴あけを終えてから塗装に入ります。塗装は今回は全てタミヤのアクリルを利用し、
指定色を筆塗りしていきます。

M_image

  ブラボーとは

ある程度の塊ごとに塗装をすませてから組み上げます。
配線は、モデルファクトリーヒロの0.28mmを利用。
丸い方のパーツに4本全て取り付けてからパーツを本体に接着して、ナットの方の穴に
繋ぎました。
小さいながらもなかなかいいエンジンです。

M_image

  ブラボーとは

裏側はこんな感じです。こちらはボディに取り付けると殆ど見えなくなります。

M_image

  ブラボーとは

最後は大きさが分かるように10円玉との比較です。
本当にこのサイズで精密なエンジンをキット化するとはさすがタミヤです。
ファンやファンベルトは本体に取り付けてから組むことになります。
エンジン回りの製作はもう少しかかります。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー16 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。