模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1/16 KV-122 製作記 その2

2019/10/14 22:34

通販サイト

販売価格 85,200 円

M_image

  ブラボーとは

写真は移植しようとしているJS-2の砲搭です。メンテナンス性を考慮して天板を着脱可能にします。

M_image

  ブラボーとは

くり抜いたアッパーパーツにはプラバンをあてがいました。
アンダーパーツもKV-1のターレットが使えるようにごっそりくり抜き、やはりプラバンを当てて面出ししています。

M_image

  ブラボーとは

上のパーツをの裏がええしたもの

M_image

  ブラボーとは

上部構造物を元のJS-2と同じ位置に配置するための穴あけ加工が終わった後で、KV-122の砲搭を比べてみると、なんかいろいろとバランスが違っていることに気づきました。今まで錯覚かと思っていたのですが、基本的にキューポラの径からして違う(KV-122の方が大きい)次に砲搭の左がJS-2ほど出っぱっていない。ここで天板のやり直しどころか砲搭側面まで手を入れる必要があることを察しました。(もっと早く気づけよ!)

M_image

  ブラボーとは

サインペンで描いたところが出っ張りすぎなので、切り取って再成型します。

M_image

  ブラボーとは

これが成型完了後。

M_image

  ブラボーとは

キューポラは周りにパテを足してボリューム感up。

M_image

  ブラボーとは

ネオジム磁石を仕込んで着脱可能な天板

M_image

  ブラボーとは

起動輪のホイールキャップにもネオジム磁石を仕込むことで着脱可能にしました。ここを接着するのとしないのとではメンテナンス性が全然違います。
続く。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。