模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

タミヤ1/16 レオパルト2A6を2A7V化(その1)

2021/11/22 23:46

通販サイト

販売価格 111,800 円

M_image

  ブラボーとは

先々月(2021年9月)、ドイツ連邦軍がKMW社からレオパルト2A7V最初の量産ロットを受領したというニュースが配信されました。写真はその時のものです。納車式は生憎の雨模様でしたが、雨に濡れそぼる新品の戦車というのもいいものです。レオパルト2A7の最新型と聞くと、ごてごてにリアクティブアーマーが取り付けられ、砲塔上部にはいかめしい遠隔操作機関銃を据え付けたタイプ(2A7+)を想像しがちですが、写真の2A7Vは全面の顔つきこそ2A7らしく角型ライトや新型フェンダーになっていますが、その他は砲塔後部の仕様と後部ライトの位置が2A6から変わった程度で大げさな変更はありません。(金持ち産油国への輸出仕様は豪勢にしても緊縮財政の国内仕様は質素にせざるを得ないという事情もあるみたいですが、中身は大きく進化しているそうです。)

M_image

  ブラボーとは

2A7V量産車は発表されたばかりですので、まだどこからもモデル化されていません。もちろん1/16もです。ただプリプロダクションタイプ(区別点として、ドライバーの視界補助装置が前面中央ではなく、少し奥まったところに設置)1年以上前に発表されているので、これを参考に1/16のRCモデルを作成した方がおられます(Youtubeの動画)。土台はタミヤ2A6ではなさそうですがなかなか完成度が高くていらっしゃる。
恐らく量産型2A7Vの1/16をRCモデル化した人はまだ世界中どこにもいないはず。
私は納車式以降大量に出回り始めた2A7Vの動画や静止画だけを参考に2A7V量産型Y-474057号車を製作することにしました。レオパルト1の最終型(1A5)を製作し終えた次に取り組む課題としてもレオパルト2の最新型はうってつけだと思いました。

M_image

  ブラボーとは

運よくシャーシしか完成していない製作途中品をオクで入手しました。元のオーナーの無念を晴らすためにも私が心を込めて必ず完成させてあげましょう。

M_image

  ブラボーとは

サイドスカート突端の形状が変わりました。早速3Dプリンターの出番です。こういう角度が微妙なパーツでも1度デザインしさえすれば正確に左右対称に出力できるというのも3Dプリンターのありがたいところです。

M_image

  ブラボーとは

サイドスカート後端はスリットが入りました(2A7V独自仕様)。こういうところも3Dプリンターの得意とする領域です。

M_image

  ブラボーとは

車体左側上部中央にある謎のファン(2A7V独自仕様)。車体上面はいい資料が入手しづらく、結構勘に頼ってデザインしています。

M_image

  ブラボーとは

後部視界用カメラユニットおよび砲塔後部下面のエアコンファン(どちらもA7V独自仕様)。

M_image

  ブラボーとは

角型ヘッドライトのレンズをどうしようか悩んでいます。何とかしてフレネルレンズの縦縞模様をクリアパーツとして再現したいのですが、いい方法が見つかりません。写真は3Dプリンターで外枠を作って、そこにUV硬化レジンを流しこんでみようと試作したものです。

M_image

  ブラボーとは

結果、離型剤としてのワックスは塗りこんであるものの、型からクリアパーツが分離できず失敗。

M_image

  ブラボーとは

今のところ、透明樹脂版に鋸でひっかき傷をいれたものが最有力候補です。(続く)


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー3 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。