模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ジャーマンゴシックナイト 顔の塗装1

2013/11/08 18:37

M_image

  ブラボーとは

アンドレアのジャーマンゴシックナイトの騎士の顔を塗装します。
今回は、塗装順に一手間かけてみたらどうかと思い、試験的に塗装を行います。
まずは、胴体と頭を組み立て、早速サフをかけました。

ちなみに、拡大写真のため大きく見えますが、この顔の大きさは7mmです。
※今回から写真はスマホ→デジカメに変えました。
 (スマホでは接写がどうしてもだめですので。。。)

M_image

  ブラボーとは

Mr.カラーのキャラクターフレッシュ1+薄茶色をエアブラシで塗装しました。

M_image

  ブラボーとは

暗部をエナメル塗料のフラットフレッシュ+ダークブラウン少々で筆塗装します。
しわだらけのお爺さんのようです(笑)

M_image

  ブラボーとは

エナメルのフラットフレッシュで暗色と下塗りの境界を上塗りしていきます。

M_image

  ブラボーとは

エナメルのフラットフレッシュ+フラットホワイトでハイライト部を筆塗りします。
今回は次の工程を考えて、あえて境界をきっちりとぼかしていません。

M_image

  ブラボーとは

この工程が今回試そうとしている一手間です。
先ほどまで少しラフに付けた明暗の顔に、エナメルのフラットフレッシュ+白少々をエアブラシでうっすらと表面にコーティングします。
様子を見ながら数回繰り返します。

この工程で、明暗の各色の境界がうまくぼかされて自然な感じにすることができました。

M_image

  ブラボーとは

肌色の感じが確認できましたので、ここで途中セーブ(アクリルのクリアをコーティングして一層壁を作っておく)します。
私の腕前では一発仕上げは無理ですので、この途中セーブが重要です。

M_image

  ブラボーとは

エナメルのホワイトで白目、ダークブラウンで上下の睫毛を入れます。
瞳と眉毛を入れる前に、ここでまた途中セーブします。

この顔、なんだかフランケンシュタインみたいですね(笑)
ちなみに、顔の横に出ている棒は、顎のガードを取り付けるための軸です。
説明書(英文)を読むまでは、何だかわかりませんでした(> <)

続きはまた後日から再開したいと思います。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー9 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント4件

modeller田村

modeller田村
少し質問させてもらって良いですか?
クリアーで途中セーブと言ううのは解る気がするのですがモールドが甘くなって
いく様に見えるのですがクリアーが乾いてないからそう見えるのでしょうか?

11月08日 21:22このコメントを違反報告する

えびすまる

えびすまる
なるほど大変わかりやすい解説ありがとうございます!
とても勉強になります。
いつもながら仕上がりが綺麗ですね。

11月08日 21:22このコメントを違反報告する

陸奥守

陸奥守

M_image

modeller田村さん
いつもコメントありがとうございます!
クリアは最小限で吹いていますので、モールドが埋まるようなところまでは全然いかないので大丈夫です。
写真で拡大すると、テカり具合でどうしてもモールドが甘くなっているように見えています。
これはいつもやっているのですが、最後の仕上げ段階のつや消しでセーブ前の状態に戻ります!
現在の顔の状態がこれですが、写真ですとやはり分かりにくいですね。

11月08日 21:52このコメントを違反報告する

陸奥守

陸奥守
えびすまるさん
お褒めのお言葉ありがとうございます!
この方法は、これまで色々と試した結果、現時点での私の一番やり易い方法です。
皆さんの作品や資料などを見ながら、ちょっとずつ塗装方法をバージョンアップさせていきます^^
最終的には、途中セーブなしで顔を仕上げられるようになりたいです!

11月08日 21:59このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。