模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

うずらの飛行場イベントレポート

2020/01/30 23:15

M_image

  ブラボーとは

先日、1月18日(土)、19日(日)の二日間、兵庫県加西市のうずらの飛行場にある公民館で大規模なイベントが開催されました。

今回は茨城県の「筑波海軍航空隊記念館」との合同イベントであり、映画「アルキメデスの大戦」との関連企画でもあります。

・・・・菅田将暉さんは来られませんが(笑)。

M_image

  ブラボーとは

このイベントは神戸新聞でも大々的に宣伝されました。

その効果でしょうか、絶えず多くのお客様が来場され会場は常にフルハウス状態。

一月というのに館内は熱気で暑くなり暖房は早々と切られたようです。

M_image

  ブラボーとは

今回はゲストとして山本五十六長官の乗機だった一式陸攻の残骸の研究、保存活動をされている坂井田洋治氏による講演も大盛況でした。

また、その山本長官が最後に乗った一式陸攻の昔と今を一つの模型で表現したホビコムメンバーである「屋根裏部屋の男」さんと坂井田氏との対談も目玉の一つとなり大勢の方にご満足いただけたようです。面白く興味深い話の連続でしたよ。

M_image

  ブラボーとは

これがその屋根裏部屋の男さんの名作「追憶 山本五十六」です。

講演、対談後は多くのお客様がこの模型についての質問を屋根裏さんに浴びせていました。

M_image

  ブラボーとは

屋根裏さんは今回これだけの模型作品を展示されました。

とくにここ「うずらの飛行場」バージョンの紫電改は見事でこれも人気の的でした。

M_image

  ブラボーとは

そして今回、私が楽しみにしていた作品がこれです。

1/250 金属製 戦艦大和

製作者は茨城県の青柳智宏氏。ぶっちゃけていえば屋根裏さんのお友達です(笑)。

M_image

  ブラボーとは

この作品はあまりにも成功に作られているため、その素晴らしさに映画「アルキメデスの大戦」の山崎貴監督が惚れ込み映画に登場する戦艦大和のCGモデルに採用されたという逸品です。

私もマジマジと見させてもらいましたが、さすが6年掛けて作られた大作です。見事なまでに細部まで再現されていて非の打ち所の無い仕上がりになっています。

また製作者の青柳氏の講演もありました。こちらも大盛況でした。

M_image

  ブラボーとは

さて、そんなイベントに私も少しだけ協力させていただきました。

上記画像の空母「天城」、「伊吹」のスクラッチモデルと空母「隼鷹」の解体ジオラマです。

M_image

  ブラボーとは

そして何とかこのイベントに間に合いました「詫間海軍航空隊」の二式水戦ジオラマ。

ありがたいことにご覧いただいたお客様にも好評でした。嬉しいですネ。

M_image

  ブラボーとは

最後に記念に良いものを頂きました。

筑波海軍航空隊記念館特製のカレンダーです。

これ・・・中身の写真がすっごいんですよ。初めて見た写真も多数。

カレンダーとして使わせていただきますが使用後も写真は捨てずにファイリングするつもりです。いやあこれは嬉し。

以上で簡単ですがレポート終わります。

今後もこのようなイベントをどんどん企画していくようですので皆様もぜひ一度「うずらの飛行場」にお越しください。

実寸大「紫電改」レプリカも見事ですよ!!


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント8件

天道虫

天道虫
イベントのレポートありがとうございます。 予定もあって19日、一時間半程度しか滞在できず、金澤館長と、坂井田さんの講演の一部しか聞けなかったのが残念でした。 中々、中身の濃いイベントで来場者の方も多く、椅子が足りず途中で追加等、あの小さな公会堂では主催者の方も大変だったのでは? 皆さん車で来られていたのしょうね 。私は、電車、バス等公共交通機関を利用するしかないのですが、電車が一時間に一本しかなく、十時からの講演を聞くには、自宅から高速バスで北条駅、そこから会場まで徒歩、帰りも法華口駅まで徒歩。 約二時間の行軍でしたがでしたが、途中、テキサンが突然展示してあったりとなかなか長閑で楽しめる散策でした。機会があれば、鶉野飛行場付近をもっとゆっくり散策してみたいと思います。イベントの案内、レポートとありがとうございました。千代田の進捗報告楽しみにしています。

01月31日 09:29このコメントを違反報告する

トロ

トロ
おはようございます。 素晴らしい展示会だったようですね。 レポート有難うございます。 何れも個別でも十分に集客力が有りそうですが勢揃いとなると圧巻です。
金属大和は流石永年に渡り手塩にかけた風格と威圧感が素晴らしいです。
カンレンダーがまた良いですね~。 これはお宝ものです。

01月31日 09:56このコメントを違反報告する

シノイヌ

シノイヌ

M_image

トークショーあり、作品展示ありと、魅力的な展示会だったのですね。
講演も対談もいいですが、作品を生で見られるのもいいですね。(笑)

昨年8月に「筑波海軍航空隊記念館」に行って(レポート投稿済み)、「うずらの飛行場」の存在を知ったのです。
興味はありますが、やっぱ遠い・・・。(残念)
カレンダーって筑波でも、まだ、買えるのかな?  ・・・でも、行けるかな~。

01月31日 18:24このコメントを違反報告する

kenchick07

kenchick07
天道虫さん、こんばんは。
遠征、本当にお疲れ様でした。
限られた時間内で内容の濃い講演会や対談を組み込んでいましたので一日ゆっくり滞在できた方には大変満足いただけたようです。
ただ、お時間の無かった方は本当に残念でした・・・。
テキサン、突然現れて驚かれたでしょう?皆さんそうおっしゃいますね。
鶉野飛行場は当時の滑走路がそのまま残っている貴重な戦跡です。またゆっくりと訪れてみてください。実物大の紫電改もぜひご覧ください!

01月31日 21:29このコメントを違反報告する

kenchick07

kenchick07
トロさん、こんばんは。
本当にこれほど多くの方が来られるとは驚きです。
講演会の途中でもどんどん人が入ってこられるので途中で私は外に出て場所を空けたほどです。
屋根裏さんがプロジェクトの中心メンバーでありながら同時に有名なモデラーさんでもありますのでイベントに模型展示を組み込むという新しい形の提案が出来るようになりました。全国の戦跡でも珍しい試みだと思います。
大和の模型はこれはもう写真では何分の一しか伝わりません。普段は筑波に展示されているそうですので機会が有ればぜひご覧ください。
カレンダーは・・・これは毎年欲しいです(笑)。

01月31日 21:37このコメントを違反報告する

kenchick07

kenchick07
シノイヌさん、こんばんは。
私は逆に「うずらの」に関わらせていただくようになってから筑波航空隊のことを知りました。
今回、金沢館長の講演を聞き戦跡の保存への取り組みがいかに難しいかを知りました。しかし同時に誰かが絶対にやっていかなければならないことでもあるという事も。
最近は関東地方に行く機会がなかなかありませんが私も次に行くことがあれば筑波には必ず行きたいと思っています。
シノイヌさんもこちらへ来られたら是非「うずらの飛行場」に足を延ばしてみてください。
あ・・・カレンダー、最高っすよ。さすがに・・・もう無いかな(笑)。

01月31日 21:42このコメントを違反報告する

ゆた提督

ゆた提督
こんばんは。これは素晴らしい展示会ですね!
歴史を感じられる展示は興味深々です。

1/250大和は写真からも重厚感が伝わってきます。舷側のディテール等、
勉強なります。
アルキメデスの大戦はスクリーンでみましたが、CGの元になった作品なんですね。
スクリーンでみたときも大迫力で感激したものです。実際の作品いつか見てみたい
ものです。

01月31日 23:37このコメントを違反報告する

kenchick07

kenchick07
ゆた提督さん、こんばんは。
日本全国には埋もれた戦跡がたくさんあると思います。
その中でも組織的に保存活動に熱心なところはあまり多くはありません。
さらに言えば模型を通じて歴史を伝える取り組みはここ「うずらの」と筑波くらいしかやってないのではいでしょうか?
そう考えるととても意味合いの大きい展示会だと思い、参加できることを光栄に思っています。
戦艦大和の模型は必見です。
悔しいですが、どんなにプラで頑張って作っても金属の持つ自然の重量感には絶対に及びません。そこに作り手の魂というか執念が込められていますので見る人の目を引き付けて離さないのだと思います。
いつか是非実際にご覧くださいね。

02月01日 23:13このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。