模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

1926 Scott Flying squirrel

2020/05/01 12:03

  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image
  • Sq_ms_image

1926 Scott Flying squirrel

  ブラボーとは

既に完成しているので先に上げておきます。
1926年型スコット・フライングスクワール”レーシングプロトタイプ”、1926年にマン島TTレース用に試作されたレーシングオートバイです。複雑な構造のフレームや水冷2サイクルエンジン等、同時期の他メーカー車とは異なる特徴を持っていました。
海外では現在も人気のある車種で、特に「TTレプリカ」や1910年代製のツーリングモデル等は高値で取引されています。

1/20スケールで製作しました。当然ながらキットはありません(^^;;
ラジエーターグリルに使用したパンチング加工済みのエッチングプレート以外は全て自作。図面が無いので実車写真を参考に、各パーツのバランスを細かく調整しながら組み立てました。
パーツの自作は難しくないですが、とにかくバランス取りが鬼門で何度もパーツの作り直しをしたり、意図的にオーバースケールで作って組み付けたりして全体がバランスよくまとまるよう苦心しました。メインフレーム前側の組み立てがうまくいかず、ラジエーターと燃料タンクの間が少し広く開いてしまったのが一番大きな反省点です。

バイク模型を本格的に作るのは初めてで、習作として製作しましたが、自分なりの作り方を確立できた気がします。空冷エンジン車の製作にもそのうち挑戦してみようと思います。


ブラボー45 お気に入り登録4   ブラボーとは

コメント6件

Z200 ケイ

Z200 ケイ
初めましてZ200ケイと申します。共感する内容が多くコメントさせて頂きます。材料からバイク等を表現する場合、単体の部品を作り込む事よりも全体像としてのフォルムを成立させる事の難しさはとてもよく理解できます。 完成おめでとうございます。

05月01日 13:43このコメントを違反報告する

鮒鮓

鮒鮓
Z200 ケイさん
ありがとうございます。
自分は精密に作るよりも全体のプロポーションを優先するタイプなので、今回もその方針で製作しています。バイクはプロポーションをカッチリ決めるのが本当に難しいですね。

05月01日 14:29このコメントを違反報告する

チョニ

チョニ
初めまして。チョニと申します。
フルスクラッチ!お見事です。
しかもカッコいい!
素晴らしいです!

05月01日 18:48このコメントを違反報告する

Dr.カノン

Dr.カノン
完成おめでとうございます!
車なら大きめスケールですが、バイクで1/20は小さめなので細かい部品の数々は製作も組み付けもけっこうな苦労があった事と思います。
素晴らしいフルスクラッチ仕事にブラボーです!

05月02日 23:39このコメントを違反報告する

鮒鮓

鮒鮓
チョニさん
経験不足から一部が微妙な出来になってしまいましたが、そう言っていただけると嬉しいです!ありがとうございます。

05月02日 23:41このコメントを違反報告する

鮒鮓

鮒鮓
Dr. カノンさん
ありがとうございます!
タイヤやチェーンなどの難しいところが製作できるか怪しかったので、少し小ぶりでごまかしもある程度できそうな1/20スケールで製作しました(^_^;)
細かいパーツは意外にも少なめで、パーツの製作自体はラクでしたw
その代わり組み立てが地獄でしたが...

05月02日 23:49このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。