模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

TAMIYA TigerⅠ 履帯のウェザリングしま~す

2014/05/04 01:54

M_image

  ブラボーとは

 車体が完成したので、後は履帯装着させればほんとに完成であります。
 この虎ですが、最終的に冬のウクライナのジオラマにするため、履帯に詰まった泥を再現しなければなりません。
 さぁこの泥を何を使って再現するか?ですが、ワタクシ頑固者はいつも本物の土(細砂)を使います。
 これに水溶き木工ボンドを混ぜ、泥状もペーストを作ります。




 

M_image

  ブラボーとは

 泥ペーストですが、このままでは色がちょっと淡いと感じたので、色調を合わせる事も兼ねてセラムコート(アクリル塗料)を使い着色しておきます。



M_image

  ブラボーとは

 試し塗りをしてみると、まだ淡いかな?という事で黒を大目にいれて調色して見ましたが、乾くとやっぱ白くなってしまいます。乾く前の色(一番左)が理想ですね。
 諦めて、塗ってから再度着色する事で決着。



M_image

  ブラボーとは

 泥ペーストを筆にとり、履帯の隙間に塗っていきます。
 履帯は予め錆色を着色しておき、擦れて光っている所はクロームシルバーでドライブラシ掛けておきます。
 シルバーの上にペーストが乗っても気にしない! 水を含ませた綿棒で拭けば問題なく落とせます。
 実車写真なんかを参考にしながら作業を進めて行きます。



M_image

  ブラボーとは

 塗り終えて乾燥させた状態がこれ。
 やっぱ、ちょっと白くなってしまいました。
 ついでに車体下の泥もこのペーストを使い再現しておきました。



M_image

  ブラボーとは

 再びセラムコートのウォルナットを使い着色してやります。
 思った以上に湿った感じが出てえぇ感じに仕上がりました。



M_image

  ブラボーとは

 車体後部はこんな感じ。
 後は、今回の展示だけに使う簡単なヴィネットベースを製作して静岡に臨みます!!




製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー17 お気に入り登録3   ブラボーとは


コメント4件

くまのみ

くまのみ
詰まった泥汚れがリアルで惚れ惚れします。
アップの写真も本物にしか見えない位です。
こう言う戦車を作って手元に置いて眺めていたいです。

05月04日 02:03このコメントを違反報告する

頑固者1967

頑固者1967
くまのみさん、毎度です!!
コメントありがとうございます、メッチャ嬉しいです!!
もし静岡ホビーショウー来られるのでしたら、実物見てやって下さい!!
∠(^-^)

05月04日 02:15このコメントを違反報告する

TOOLBOX

TOOLBOX
リアルさを追求するために、リアルなマテリアル使用ですか!
ほんま汚しのテクニックは奥が深くて自分の知識がついてきませんです。

この汚しを見ていると、単体で飾るよりはジオラマでより生きるような雰囲気ですね。

05月04日 22:27このコメントを違反報告する

頑固者1967

頑固者1967
TOOLBOXさん、毎度です!
そうですね、色々発売されてますが自然素材に勝るものはないのではないでしょうか。
タミヤのテクスチャーペイントなどありますが、粗くも無く細かくもない粒が揃いすぎていてナチュラルな感じが出ないような感じがしますね。
身の回りの物で、イワユル「タダ」で手に入る物ほどエェモンはないですね!!

静岡には簡単なヴィネットで展示予定ですが、10月の関西AFVの会にはそこそこ大きなジオラマんび仕上げる予定であります!!
(^^)

05月05日 11:59このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。