模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

AKインタラクティブ:パネルライナーAIRを買ってみました

2020/03/06 21:51

M_image

  ブラボーとは

スペインの人気ウェザリング塗料メーカー、AKインタラクティブの
航空機モデル用スミ入れ塗料、パネルライナーAIRを、
国内の通販業者から購入してみました。

航空機モンテルのパネルラインやリベットを強調するためのスミ入れ塗料のようです。
スミ入れの対象となる機体色に応じてスミ入れ塗料の色も違っていて、本セットは5種類スミ入れ塗料がセットになっています。

グリーン&ブラウン迷彩用=ダークブラウン
グレー&ブルー迷彩用=ダークグレー
サンド&デザート迷彩用=ブラウン
ホワイト&ウィンター迷彩用=マッド寄りダークブラウン
ブラック迷彩用=ホワイトグレー

という感じ。右側がスミ入れ塗料の大体の色です。

M_image

  ブラボーとは

中身はこんな感じ、1本600円位の塗料が5本セットで3000円です。
容器はペットボトルのように初めて蓋を開けるとパキッと言う音とともにプラがちぎれて完全に開封される仕組みになってます。
要するに店頭で塗料が乾いてしまうことがなさそうです。内盖が付いていますが結構硬いので壊さないよう注意です。

M_image

  ブラボーとは

現在作成中のtomcatで使えそうなグレー&ブルーのすみれ鳥を出していました。
かなりグレーがかっていますが、ブラックよりの薄めたエナメル塗料のようです。
微妙にタミヤのエナメルスミ入れ塗料より、顔料の粒子が大きいのでは?
とも思いますが、気のせいかもしれません。

M_image

  ブラボーとは

ちなみにブラックの機体にスミ入れする塗料は完全にホワイトよりの色です。

M_image

  ブラボーとは

白いプラ板で恐縮ですが、5種類の塗料をベタ塗り、スジボリにスミ入れ、リベットラインにスミ入れしてみました。

M_image

  ブラボーとは

さらに比較対象として、タミヤのエナメルスミ入れ塗料、クレオスのウェザリングカラーも同様の処理をしてみました。

M_image

  ブラボーとは

最後に、薄め液を染み込ませた綿棒で拭き取って様子を見てみました。
タミヤが一番拭き取り易い気が。

あとの感覚はほぼみんな一緒なので、
AKのパネルライナーの良さ、売りは、機体色に応じた調色済みの
雰囲気のある色味だと言えると思います。

ウォッシング液も今度試してみたいですね!


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー13 お気に入り登録4   ブラボーとは


コメント2件

トロ

トロ
こんばんは。 レポート有難うございます。 丁度今、これを購入しようと考えている所ですので参考になります。 ある本によると溶剤無しでも拭き取れるような事を書いてましたが、特に余分が落ちやすいって訳では無さそうですね。 

03月06日 23:23このコメントを違反報告する

MIYA

MIYA

M_image

トロさん、コメントありがとうございます、こんばんは。
そうですね、触ってみたところ、サラサラ度、流し込みやすさは
タミヤよりちょっと濃いかな? 程度で普通のエナメル系スミ入れ塗料な
感じです。元々溶剤たっぷり入った塗料ですから、溶剤を含ませていない
綿棒等でもほぼほぼ拭き取れる気がします。AK専用溶剤もありますが、
僕はタミヤのエナメル溶剤使ってますし。

ぶっちゃけ色味が再現できるなら、タミヤエナメルを調色してもいいと思います。

03月07日 00:21このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。