模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

エクストリームガンダムを作ったツールたち

2014/06/24 23:52

M_image

ここ1月ほどで、また頻繁にプラモを作り始めたのですが、
10年前~数年前には無かったような便利なツールが色々発売されていて、
それを買い揃えて望んだエクストリームガンダム製作は、
さくさくっと作業ができました。

ひょっとしたら、これらの便利ツールを知らない方、
必要ないと思っている方がおられるかもしれません。

というわけで、今回入手したり使ってみたツールを紹介してみたいと思います。

■薄刃ニッパー
タミヤのやつが有名ですが、刃先が薄くなっているニッパーです。
ウチにあるのは別メーカーのちょっと安いヤツですが。

ランナーからパーツを切り出す時はもちろんですが、
パーツを切断する時におおまかに切り出すのにも便利です。
バチバチやるだけで簡単にある程度の直線がだせます。

今回の複数のエクストリームガンダムでは、幅厚のシールドを薄刃ニッパーで切り出しました。
ただし、こういった使い方をするとニッパーの寿命は間違いなく縮むでしょう。

M_image

■フィニッシュマスター
ガイアノーツさんのふき取りと圧着をメインにすえた、進化した綿棒のようなツールです。
ツール自体は、先端がとがったプラの棒に差し込む用のカットされたスポンジがついてくるだけの簡単なものです。

特に威力を発揮するのが、エナメル塗料でのスミイレ時。
先端が平たくなっているので、軽く溶剤をつけて拭くだけでスミイレを残して綺麗にふき取れます。

先端は平たいですが、片方が尖っているので狭いところのふき取りも安心。
これを経験すると綿棒でのふき取りには戻れません。
一応使い捨てですが、ある程度なら溶剤でふき取れば再使用できますし、安価ですので、とても使い勝手が良いです。

一応デカールの圧着にも使えるとあるのですが、吸水力は綿棒に劣るため、デカールの圧着には綿棒の方が便利でした。
でもスミイレはほんとに便利だよ!これいい!最高!

M_image

■ガイアノーツ・エナメル溶剤
プラを侵しにくいエナメル溶剤です。タミヤのエナメル溶剤を使って、プラをバッキバキに砕いてからは、
ペトロールという油彩の溶剤を使っていたのですが、プラは割れないのですが、
時にプラを溶かす性質があるようで、折角整えた表面がただれてしまいがっかりすることが数回ありました。

ガイアノーツさんのエナメル溶剤はプラを割りにくく、かつ溶かすようなことも無いという事で、
今回購入しました。溶剤としての能力も問題なく、かつ250mlの大容量なので
エナメルをスミイレだけにつかっている自分にとっては2~3年は持ちそうな気配です。

M_image

■ラインチゼル&精密彫刻刀
ラインチゼルはスジボリ用の工具で先端が非常に堅い金属で、Pカッターのように鉤爪状になてっているツールです。クレオスさんが販売している、刃先が交換できるものを使用しています。

スジボリ用のツールといえばBMCタガネが有名ですが、BMCタガネは先端が切り返していないので、
かなり丁寧にやさしく彫ってあげないと彫れないのに対して、
ラインチゼルは軽くなぞるだけで恐ろしく切れます。

これはどちらがいいかは使用者の癖や使い方によるのでしょうが、自分は非常にせっかちなので、
BMCタガネとスジボリに苦手意識をもっていたのです。が、ラインチゼルはバカみたいに切れるので、
せっかちな僕でもスジボリできました!(その分失敗もすごいですが

あと、替え刃が1000円前後で購入できるのでタガネよりリーズナブルです。

ラインチゼルと似た商品にクレオスさんが販売している精密彫刻刀があります。
これはスジボリよりも広い範囲を彫るのに使えます。

実はラインチゼルと精密彫刻刀は刃の交換の規格が一緒なので、本体は1本あれば
使いまわすことができます。

自分は精密彫刻刀の本体を購入して、ラインチゼルは替え刃だけ購入して使いまわして使用しています。

精密彫刻刀はすごく切れ味がいいですが、使いかたをもう少し学ばないといけないようです。

M_image

■デジタルポケットノギス
ホームセンターで1000円程度で購入した、カーボンノギスにデジタル目盛がついたものです。
計測可能サイズは10cmまでのポケットサイズのものです。
ボタン電池で動き、スイッチを入れてノギスでサイズを測ると、0.1ミリ単位で表示してくれます。

ノギスは金属製の大きいものは持っていたのですが、取り回しが悪いので
サイズの測定は妹の小学校の時の三角定規をつかっていたのですが、精度も使い勝手も、
断然ミニサイズのカーボンノギスに軍配があがります。

すぐに手に取れるところにおいて、常にサイズを測るように心がけるだけで精度があがりますし、
デジタルなので細かい目盛を見る必要もありません。

心配なのは付属のテスト用電池がいつまで持つかという事くらいでしょうかw(買っておけYO!

M_image

■Mr.セメントS
いわゆる流し込みセメントのクレオス版。だとおもっていたのでタミヤの緑瓶を使っていて、
セメントSは使用したことがなかったのですが、セメントSの方が圧倒的に乾燥が速いと聞いて
購入しました。実際早いです。めちゃめちゃ早いので、タミヤの緑瓶ではできる、
パーツに塗布してから接着する方法では一瞬で乾いてしまってほぼ接着ができないほどです。

流し込み接着では圧倒的な乾燥速度で使い勝手が非常にいいです。
反面あるていど時間が欲しい場合は、タミヤの緑瓶を使います。

使い分けができると非常に便利なので、ここはぜひ両方そろえることをオススメします。

一方で普通のセメントってほとんど使わなくなってしまったんですが、ムニュ着する以外に
普通のセメントの便利な使い方ってあるでしょうか?

■ヤスリスティック
WAVEさんから発売されている芯の入った紙やすりです。
色々な種類が発売されていますが、基本は堅めの板にスポンジがコーティングされていて、
その上に紙やすりがはりつけてあります。

面だしや表面処理にとても便利です。ソフトタイプならカットして使うこともでき、
ある程度の再使用にも耐え、安いのであなたの表面処理の即戦力になるでしょう。

まあ今回はあ#120番でニッパーでバチバチしたパーツを荒削りするくらいにしか使っていないのですが。

M_image

■コトブキヤモデリングサポートグッズ MSGプラユニット 角モールドⅡ
プラ製のディテールアップパーツです。今回使用した角モールドⅡは台形、Ⅰ、Ⅲは四角い形をしています。
ぶっちゃけ四角ならプラ板を切り出せばいいのですが、
台形を正確に複数切り出すのはなかなか骨が折れます。
なのでこのプラユニットを利用して台形の凸モールドを貼り付けると大変便利です。

欠点はなぜか同型の台形ディテールが3つセットになっていること。4つ欲しいことが多いのに・・・。

■黒い瞬間接着剤+瞬間接着剤硬化促進スプレー
高粘度の瞬間接着剤でパテの代わりにつかえるのが黒い瞬間接着剤です。
大容量なのでしばらく安心。パーツの合わせ目埋めなどに威力を発揮しますが、
硬化時間が20分程度かかるので、アルテコの瞬間接着剤用の硬化促進スプレーを使用して
硬化を促進すると一瞬で削れるようになります。

SSPという瞬間接着パテもありますが、これはパテを練る手間がかかり
練ったあと硬化する前に盛らなくてはならないという制限があります。

もちろん用途にもよるとおもうのですが、SSPより黒瞬着の方が使い勝手が良い気がします。

M_image

■Mr.グルーアプリケーター
瞬間接着剤用のヘラのセットです。瞬間接着剤が接着できない素材でできており、
黒い瞬間接着剤を盛るのに非常に便利です。小型のお皿もついてきます。

■エバーグリーンの細切りプラ棒
なかなか田舎では手に入らないエバーグリーンのプラ棒。タミヤのものより細い(1mm以下)があるので、
精密なディテールを表現するのに便利です。最近はヨドバシで扱っているようです。

今回は0.5mm×0.75mmのプラ棒を短冊切りにしてディテールとしてキットに貼り付けました。
精密彫刻刀で掘り込んだ溝に埋め込むと手軽にセイラマスオさんのようなディテールが表現できそうです。
(まだ研究段階

M_image

■溶剤用スポイト
溶剤用の長いスポイトを買ってみたのですが、便利でした。
いつも溶剤をエアブラシに注ぐ時にこぼしたり入れすぎたりしていたのですが、
スポイトで微妙な塗料の濃さをコントロールできました。

ただ、力を入れて数回使用したら、割れてしまいイラっとしました。
メーカー製ならそういうことも無いかもしれません。

■ツールクリーナー改
実はいままでエアブラシの洗浄は普通のシンナーでやっていたのですが、
今回思い切って購入してみました。匂いがかなりキツイのが欠点ですが、
エアブラシが1回~2回うがいして空吹きするだけであっさりきれいになるので、
作業効率が格段に上がりますし、普通のシンナーより消費量が減ります。

なお、間違ってプラに吹き付けたりするとどろどろに溶けるらしいので、
ふたを間違えたりしないように十分きをつけましょう。

M_image

■アマゾンで購入した中国製ハンドピース
1500円で買ったのですが、10年来のつきあいのタミヤのハンドピースと比べて圧倒的に吹けがいいです。
カップ一体型なのもポイントが高いです。
でもこれじゃ日本のメーカーさん大変だよね;3;

以上、色々なツールを紹介してみました。ここで紹介したのは
ここ1週間で試してみて便利だったものです。

もちろん自分が既につかっていてみなさんがご存知ないツール、
逆に自分が知らないツールなどもあるでしょう。

もしよろしければ自慢のツールおしえてもらえませんか?

使用した工具、塗料、材料


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー12 お気に入り登録0   ブラボーとは


コメント2件

りっしぃ

りっしぃ
道具を大切にされてる気持ちが伝わってきます!!
ブラボー!!

07月01日 14:40このコメントを違反報告する

MIYA

MIYA
>りっしぃさん
うおっとコメントを見落としていました。コメントありがとうございますー。
自分なりに良い物をつくるには良い道具も必要だと最近気づいたかんじですーw

ツール大切にしてるかっていうと、100均のラックにまとめてぶち込んでるんですけどね!

07月04日 17:16このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。