模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

情景「Secret meeting」作成日誌1

2014/05/02 02:38

M_image

  ブラボーとは

先日UPしましたキヤコンエントリー作品「「Secret meetingシークレットミーティング」の作成プロセスをUPしていきたいと思います。
すでに拙ブログやジャパンミリテールフォーラムでも紹介しておりますが、もう少し丁寧で詳しいステップバイステップを公開したいと思いつきました。
みなさんの作成の一助になれば幸いです。

◆今回選んだのはICMのロシアのパルチザン、そしてズベズダの偵察兵です。
それらのフィギュアを組み合わせてミニストーリーに仕立てます。
まずは、組み立て、それぞれWEBなどで評判の通り非常に良きキットでして特に大きな調整もなく組み立てが完了しました。

M_image

  ブラボーとは

◆大まかなストーリー、そして主人公がざっくり組あがった段階で、情景の構成を考えます。私はまずベースをストックの中から数個選びます。
ベースはたとえて言えば絵画の額に当たる部分、いくら良き作品が出来ても、ベースがお粗末では台無しです。
また、ベースが一つしかないとその形に縛られてしまいますから構成を臨機応変に対応できるよう、必ず複数のベースを用意して、進行途中で候補を絞り込んでいきます。
一番最初に選んだ候補は写真の通り。

M_image

  ブラボーとは

◆今回はこのベースを筆頭候補に上げました。
これは鎌倉彫用のシナ材のもの、本来はこの裏側に彫刻を入れるのですが、伏せて使用するわけです。
ただし進行中にベースを変えることも多々あります。
立体のモデルを構成していくとどうしても最初のプランから離れていくことがあるからです。
ベース自体は以下の方法で仕上げます。
・200番程度のペーパーでサンディング
・水性ステンで着色
・ラッカークリアで目止め塗装(三回程度)
・400番でサンディング
・サンディングシーラーで積層塗装(三回程度、ただし木目が消えるまで)
・800番でサンディング
・再度クリアラッカーで仕上げ塗装
・水性ペーパー(1200番)とコンパウンドで仕上げ
・木製ワックスで最終仕上げです。
単純なプロセスですのでまとめて作ってストックしておくと後々楽ですw

M_image

  ブラボーとは

◆スチレンボードとスタイロフォームで基礎を作ります。
森の中を走る渓流の情景を再現しようとしていますので、中央に大きな溝を作っています。

それぞれの接着はホットメルトを使います。
この接着剤はヒートガンでニカワ状の接着剤を暖めて溶かし、さめることで硬化する接着剤です。
値段も安く他の接着剤と違い硬化する時間を待つ必要がありません、そして接着する材料もほとんど選ばないのでこのようなざっくりした作業には最適です。

M_image

  ブラボーとは

◆森の木立のレイアウトです。
普通は後ろを高く、手前を低く作ると立体感が演出できるのですが、今回はうっそうとした森を再現したかったのであえて全ての木立は同じ高さにしました。
バルサ材の円材に真鍮のアンカーを埋め込みたてるようにしています。

さて、次回に続きます。
ご質問等大歓迎です、対応できうる限りお答えいたします。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー14 お気に入り登録2   ブラボーとは


コメント2件

屋根裏部屋の男

屋根裏部屋の男
こちらでも「すこっつ師匠の模型教室」連載が始まりましたね^^。

すこっつさんの箱庭の中には様々な要素のテクニックが散りばめられていますから、ジャンルを問わず皆さんの今後の参考になると思います。

素材の異なる物を接着する時、その接着剤を選ぶのは悩みの種ですよね。
ヒートガン使った事無いのですが今後の作成ツールとして一考してみます(^^ゞ

05月02日 17:06このコメントを違反報告する

すこっつ ぐれい

PROすこっつ ぐれい
◆屋根裏部屋の男さん、毎度です~♪

今回の作例は、特に様々な技法で作っていますので、みなさんの参考になると思いこのトピを建てました。
これでジオラマアレルギーの人が少しでも少なくれば良いのですがね~♪

05月03日 00:46このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。