模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

ドイツ ヤクトタイガー自走砲(ポルシェ車体)

2013/01/19 10:37

ドイツ ヤクトタイガー自走砲(ポルシェ車体)

  ブラボーとは

2002年ごろ製作。
香港のモデルメーカー・ドラゴンのキット。当時、ヘンシェル車体は既存でキット化されていたが、ポルシェ車体バージョンが新たに登場し、飛びついて購入した。
新製品なだけあって、モールドなどは最新の考証に基づいており、何もいう事なし。部品点数も多かったが、組み立てやすい素晴らしいキットだった。特にディティールアップする事もなく、素組みした。
当時、伝説の戦車長オットー・カリウスの著書「泥の中の虎」の和訳を読んで感銘を受けまくっていた頃であり、カリウスが柏葉勲章受賞後に東部戦線で乗車したとされる、第512重戦車駆逐大隊のヤークトティーガー211号車を想像して塗装した。(211号車はポルシェシャシーじゃないよ!とかのツッコミは、甘んじて受けます)
キットは足回りが稼動するように作られており、履帯とともに荒地に沿って足回りが躍動しているように見せたくて、最初からジオラマとする想定で製作した。
近所の模型店のプラモコンテストで銀賞を受賞。模型製作に弾みがついた。


ブラボー8 お気に入り登録2   ブラボーとは

コメント9件

hal4000

hal4000

M_image

6号戦車以降のドイツ戦車はエンジンデッキがかっこいい。
ドロンコ表現には、石膏(シーナリィプラスター)とエナメルクリアを使用。

01月19日 10:40このコメントを違反報告する

hal4000

hal4000

M_image

横から見ると、デコボコの地面に合わせて、履帯と転輪が躍動している様子が判る。。。かな?(焦
ジオラマと並行して製作したので、なじむように接地させるのに相当苦労した。

01月19日 10:42このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
日本では余り普及しませんでしたが、ハドソン&アランから泥んこを作る「泥」が一部のホビーショップで販売されていました。
結構簡単に泥んこや泥沼のリアルな表現が出来ましたが、石膏とエナメルクリアでの制作は結構手間がかかったのではないですか。

05月23日 23:11このコメントを違反報告する

hal4000

hal4000
コメントどーもです!
ジオラマ制作の為の便利な素材があるとは知らず、鉄道ジオラマ用の石膏を使用しておりました。。参考にさせて頂きます!
ここのところジオラマ制作しておりませんでしたので、久々に取り組んでみたいと思います。

05月25日 11:31このコメントを違反報告する

火盗

火盗
いままで履帯の泥はタミヤの情景テクスチャーペイントを塗りつけていましたがいまいちだったのでどうしたもんかと思ってましたが石膏という手があったとは…勉強になりました!!

06月06日 12:32このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ
hal4000様
現在手元に残っている塗料を確認しておりましたら、アメリカのフローキュイル社の「泥」と「ウェザリング・ペースト」が出てきました。
これ等は名前の通り「泥(DUST)」は泥を表現するもので、「ウェザーリング・ペースト」は「ウェザリング」を行う際に使用するものです。
日本には輸入されていなかった塗料で、恐らくビネット製作に役立つと判断して個人輸入したものかと思いますが、詳細には覚えていません。
向って右側が「Dust(泥)」で左側が「ウェザリング・ペースト」です。
現在手元に残っている塗料を確認しておりましたら、アメリカのフローキュイル社の「泥」と「ウェザリング・ペースト」が出てきました。
これ等は名前の通り「泥(DUST)」は泥を表現するもので、「ウェザーリング・ペースト」は「ウェザリング」を行う際に下地に使用するものです。
日本には輸入されていなかった塗料で、恐らくビネット製作に役立つと判断して個人輸入したものかと思いますが、詳細には覚えていません。
向って右側が「Dust(泥)」で左側が「ウェザリング・ペースト」です。
日本ではキット自体は世界に誇れるデザイン及び部品の整合更に正確なモールドですが、作品を作るにあたっても周辺用具や塗装関連は欧米に遅れていて残念です。ホビー用の塗料を出すのであればこの様なものも出して欲しい物です。
多少なりとも参考になりましたらと思います。

06月20日 21:14このコメントを違反報告する

hal4000

hal4000
火盗さん、コメントどーもです!
(すみません、、、お返事おそくなりました)
石膏がベストプラクティスかは解りませんが、テクスチャーペイントでは泥のもっさり感が出ないもので、苦肉の策といえます(塗料も結構使いますし)。。

06月22日 08:25このコメントを違反報告する

hal4000

hal4000
ロマン・スミルノフさん、コメントどーもです!
ウェザリング・ペーストという物があるんですね、ジオラマ用マテリアルについては全くの不勉強でして、参考になります。ぜひ入手して試してみたいものです。いつも有用な情報をありがとうございます!

06月22日 08:32このコメントを違反報告する

ロマン・スミルノフ

ロマン・スミルノフ

M_image

hal4000様
申し訳ありません。写真を一緒にアップするのをすっかり忘れていました。
やはり老化と寝不足のためですかね。
ウェザリング・ペーストと泥の写真です。右が「ウェザリング・ペースト」です。
恐らく個人輸入するしか無いと思いますので、現在も発売されていれば下記のシップで購入できます。
The Red Lancers
14 Broadway
Milton PA 17847
E-Mail toys@jlink.net
クレジットカードをお持ちでしたら個人輸入は難しくありません。
ウェザリングペーストは「FLOQUIL-POLLY S Corp社」のR253です。
ご参考になりましたら大慶です。

06月22日 11:58このコメントを違反報告する


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。