模型を作ってシェアするホビーコミュニティ ホビコム by デアゴスティーニ

シロナガスクジラ 1/60 オリジナル ⑰ 型取りあれこれ。

2019/11/09 17:15

M_image

  ブラボーとは

ヒレパーツの型取り
湯口もダボ穴もない型です。実は理由があって、わざとこうしてます。

薄いパーツは、ゲート方式にすると、樹脂が流れにくいこともあり、
気泡もたまりやすいのです。
このため凸凹状に型を作り、樹脂を凹面型に溜め、
凸面型を押し込む構造にしています。

こうすると、樹脂が充填されるときに、気泡も同時に押し出されます。
ただし・・・余分な樹脂が、「なし汁ブシャ~っ!!!!」と吹き出ます。
ご注意を!

M_image

  ブラボーとは

初!石膏型に挑戦!

写真はすでに樹脂抜きしたものです。
今回は尾部パーツを、油粘土原型に直接石膏を塗り、
型取りしました。

ほんとは、油粘土原型の場合、樹脂化補修⇒2次原型とするので、
シリコン型はもったいないのです。直で石膏型を取ることが多いのです。

M_image

  ブラボーとは

直接粘土原型に石膏を塗る。
あらかじめ切金 という2面分割用の薄い板を粘土原型中心線にさす。 今回は0.3mmプラ板

M_image

  ブラボーとは

切金を抜いた後、隙間にヘラを差し込み型割り!

M_image

  ブラボーとは

ぱっか~んと割れました。しかし、気泡が多いのう~。

M_image

  ブラボーとは

型の表面に、床用ワックスを塗って、離型剤とします。
FRP樹脂が張り付かないようにするため、3回くらい塗ります。

そんで、1回目にケル状樹脂、乾いて2層目に、タルクで粘性アップした樹脂を塗り込めました。いずれも型の外にはみ出さないように・・・注意して塗ります。
最後に接着のため、ゲル状樹脂を全体に塗り、乾く手前で型を合わせます。

そして一体化!余りの気泡の多さに愕然とすることでしょう・・・。
いいのです補修前提なので。


製作日誌の公開範囲
インターネット全体
コメントを受け付ける範囲
ホビコムメンバーまで

ブラボー7 お気に入り登録1   ブラボーとは


コメント0件


コメントを書く1,000文字以内

Ms_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。